FC2ブログ
ドイプイ チェンマイ

【NEW!】チェンマイ市街から車で30分の一坪農園ロッジを始めました。準田舎で星空が満喫でき、自分の食べたい野菜を体験・収穫できます。ショート・ロングステイともに歓迎です。

☆Baan Chaiwong Resorthttps://www.facebook.com/BaanChaiwongResort

ドイプイって聞いたことある?ドイプイってどんなとこ?

ドイプイとはチェンマイ市街地の西、
ドイステープからさらに奥に入ったメオ族の暮らす村
そんなドイプイの生活を紹介していこうと思います^^

☆やまおじHPhttp://doipui.web.fc2.com/


  ブログは、日記ではありません。

お風呂・・・タイですからシャワーですが、

つい最近まで一緒にシャワーを浴びていた、孫の 

先月から、チェンマイ大学芸術学部美術選考 に通っている

タイの大多数の大学では、1年生は学内の寮住まい、となっている、

孫の 愛 こういう経験・親元を離れる・・は無い、

シャワーの件ですが、孫の 愛のために言っておきますが、

一緒に入っていたのは、・・たぶん8才ぐらいだったと思います、

で、6歳ぐらいの時に今もお世話になっている日本の常連さんと出会い、

もともと、外で遊ぶ子ではなく、一人、スケッチブックに絵を描いている子でした、

その愛が、常連さんと出会い、一緒にドイプイでスケッチをして、

メーホンソンまで連れて行ってもらい、常連さんと二人椅子に座って、

絵を描いていました、それが、彼女の興味を・・・

それこそ、暇があれば絵を描く子供でした、その子がもう、

美術選考の 大学生・・・yamaojiは、老けるわけです、

大学に行く2年前からは、CG にも興味があるらしく、

CGで空間デザインなんかもやっていました、

今は、彼女のキャンパスライフを影ながら応援したいと思っています、

yamaojiのキャンパスライフは、マジにバイトライフでしたよ、

貧乏学生・・・yamaojiでした。
スポンサーサイト
  ブログは、日記ではありません!

先月の26日から、洞窟の中で行方不明になっている、

サッカーチーム選手12人・コーチ1人は、約1週間ぶりに発見された・・・

世界各国から、レスキュー隊・洞窟の専門家のチームが現場入りしていた、

そんな中、アメリカ在住タイ人女性は、ネット配信で、

この13人の安否を夢で見たと発見前に流した・・・・

この洞窟は、昔の物語だと、ある交際している男女いた、

その男性は、昔の兵隊13人によって惨殺された・・・・・

それを知った女性は、命を絶った・・・という話です、

この土地に向かう途中、遠くに見える山の

稜線が女性の寝ているフォルムに見える・・・

これは、yamaojiも家内に言われ、何度も見たことがあるが、

言われれば、そう見えてくる・・・・

で、この女性は今でもこの男性に逢いたいと願っているという、

で、今の時代に亡くなった男性が僧侶に生まれ変わって生きている、

この僧侶に逢いたい・・・で、僧侶が洞窟の前で、お経を・・・

これで、女性は納得、13人のいる場所を捜索のレスキューに教えた・・・


ということを、TVでも流れた、仏教国のタイランド、

このことは、家内も熱心にyamaojiに話す・・・だが、yamaojiには、ピンとこない

この話をどう思うかは、あなた次第です、

ミラクル・・・yamaojiでした。
  ブログは、日記ではありません!   

先週の某日、家内の亡くなった両親の法事をやりました、

その1週間前ぐらいから、家内の忙しタイム がはじまってました、

あれを買って・これを用意して・・・・うまく回っていれば、問題はないのですが、そこは人、

やりたいように事が進まなくなってくるのが常、

で、そのとばっちりをもろにくらうのが、yamaoji・・・

まぁ、他人に言って、もめごとになるより、yamaojiでおさめる・・・

これが、婿あるある とかねがね思って暮らしています、

で、です、法事の当日、法要を行う部屋で、何を思ったか、

女の力じゃちょっと無理がある、大きめのテーブルを一人で移動させよう思った家内・・・

少し動いて・・・次の瞬間、テーブルの足の部分が家内の左足指先に

ちょうど誰もいなかったらしいのですが、その痛さにうずくまり、

我慢したらしいです、痛さに耐え、自分の部屋に這い這いして戻った家内、

で、yamaojiに電話・・・

ジージ、足ぶつけた、すぐ来て

行ってみると左足の親指と小指以外の3本に指先が紫色に腫れてきた、

折れたかもしれないから病院に行こう、と言ったのだが、

もう、お客さんが来るから、大丈夫、気丈な素振りを見せた家内でした、

左足には、サーポーターのようなバンデージを巻いて

来てくださったお客さんに挨拶をして回る、家内、足は引きづったままで・・・

法事も滞りなく終わり、崩れるようにベッドに入った家内、

次の日は、自分の部屋から一歩も出なかった・・・

yamaojiが、病院を進めても、大丈夫と言う家内、

結局数日経った今日に、やっと病院へ・・・問診の後、レントゲンを・・・

案の定、左足中指にひびがはいっていました、

数日経って、痛みも和らぎ、ギブスはせず、ギブステープを巻いてもらいました・・・

家内の生まれてはじめても、ひび体験です、

ドクターには、骨粗鬆症対策として、カルシュームを処方されました、

一休み・一休み・・・yamaojiでした.