FC2ブログ
ドイプイ チェンマイ
日曜日だというのにほんとに暇な今日のおやま(ドイプイ)です。

昼はほとんど無風状態、今時分の夜になると風がでて、

山々の木々の葉がすれてザーザーと滝のような音を立てている。

夜は寒いのでおじさんちでは窓を開けて寝ることはまず無い。

市内に住んでいる方はこの時期、蒸し暑くエアコン無しでは寝苦しいのだろう、

ちなみにおじさんちの電気代は店は別にして 

1ヶ月だいたい200バーツ(約日本円で600円前後)で足りる。

タイはこれからが夏本番なので電気の消費量がうなぎのぼりに毎年上がる。

市内で電気の需要が多いとおやま(ドイプイ)に供給される電気が少なくなり

停電となる、これが毎年の夏の恒例となっている。



おじさんの好きな自然なパシャリが撮れたのでいきます。

寝かせて刺繍。


みんなで刺繍。


これがいつもの自然なモン族(メオ)の女性の一日です。

刺繍に興味が無いお方でも1分間見ていたらその作業の細かさに

感動さへ覚えると思います。

モン族(メオ)は刺繍をすると徳を積む功徳になり

身に付けるとお守りになると考えていますので

あまり苦にせず自分のペースで針を進めます。

あとは昨日に引き続きこんな珍客が遊びに来ました。

?シジミ?


おじさんの肩にとまったのをのを息子が採りパシャリました。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。
先ずはチョッと煙霧が切れたこのパシャリいかせていただきます。

雲と青空。


今日の午前中は途切れ途切れでしたが

雲の合間にお天道様が申し訳なさそうに顔を出してくれました。

市内のことはわかりかねますがほぼ半月ぶりに見れたお天道様でした。

この2日間ぐらい夜だけですが南風が吹いているのがけっこういいかも。

市内のブロガーさんも今日は回復したといううれしい書き込みもありましたので。

でもまだ山火事はあるので、朝9時にはおやま(ドイプイ)の市内側の

山に飛行機から水をまき消火活動が行われていました。

雨雲はいずこに?


下の山の山火事から逃げてきたのかこんな珍客が来てくれました。

キハダキリギリス。


和名で キハダキリギリス といいこれが木にとっついているひにゃ

よっぽど慣れた人しか見つけられません。

だた鳴くんで捕まっちゃうんですけどね。

あとはおじさんをメロメロにしたチッチャな小悪魔がこれをくれた。
ジージー&バーバ。


LOVE.


これは煙霧の為、市内にレッスンに行けず店で遊んでいた 愛 が

午前中いっぱいかかって仕上げたものです。

作っている間は「ジージ見ちゃだめだよ」なんてきつい言葉で言われ

チョッとショックを受けていたんですが、

アヒルの口を開けると LOVE と書いてあり、

裏には家内とおじさんの絵が描いてありました。

クリスマスの サンタジージ の絵といい 愛 がくれたものを

家内と一緒に大切にとっておいてあるおじさんなんです。


この時間も風が出ているので明日も煙害の程度が低くなると思われます。

明日は 彼岸の入り です。

日本じゃお墓参りに行くんでしょうね。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






チェンマイのブロガーさん達がガンバッテ書き込んでいるので

スレッドテーマが今日は1番目でしたよ。

今日のおやま(ドイプイ)の ヘイズ、煙霧 は昨日と同じぐらい

うすい青空が見えました。

ほとんど無風状態だったので暑かった。

おじさんの予想通り雨雲郡は来ず 雨の種 も散布出来なかった

チェンマイ県です。

ヘイズの被害はおじさんの数少ないブロガーさんたちにも影響を及ぼし

繋がらない方が出ています。


さて、このパシャリを見て何の木、実かがおわかりでしょうか?

ライチの子供。


これはおじさんと 楊貴妃 がこよなく愛する果物

ライチ の子供です。(身分不相応な書き込み失礼いたします)

今はまだこんなに小さい実ですが、あと2ヶ月強で

あのカワイイ、ピンクの実に変身します。

おやま(ドイプイ)の ライチ は100%完全無農薬栽培なので

安心して食べられます。

ただ食べられる期間が1ヶ月ぐらいしかないのが寂しいです。

でもその方がありがたみがあっていいかも!

これからおじさんは ライチの発育状況をお伝えしたいと考えています。


あと今日メオ小学校では、生徒全員にこれが配布されました。

鳥インフルエンザ。


これは ユニセフ・ジャパン より配布された

鳥インフルエンザ を説明するパンフレットでした。

夏休みに入って子供達の日常の食生活を安全にとってもらう為に

ユニセフの方たちがおやま(ドイプイ)に持ってきてくれました。

こういうパンフレットは子供達にもわかりやすく挿絵があるので

とてもいいと思いました。

この時間でも無風なので煙霧が流れることはないと思われます。

市内より標高があるおやま(ドイプイ)なので息苦しくなったら

どうぞご遠慮なく店に避難しにお来しください。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。









豪州にいらっしゃる dorothyさん からもチェンマイの

ヘイズがNHKで流れたと教えてくれた。

今はバンコクにいるおじさんのPSの先生も心配して電話をくれた。

本当にお騒がせしております。

昨日の夜に南風があり、今日のおやま(ドイプイ)はだいぶ煙霧がなくなっていた。

その証拠に今日はうすく青空が見えた。

タイ気象局では明日、雨雲が北タイを横切ると予報をだしていて

雨の種(砕いたドライアイス)を散布する予定だそうだ?

でもおじさんちから夜空を見ても今のところ

風もないし煙霧は星の見える数からまだ停滞しているようだし、

雨雲とかの気配は悲しいかな全く無いのが現実です。



ヘイズのせいにしちゃいますが、

超暇なおやま(ドイプイ)です。(いつもだよって、そのとおりです)

そんななか、本領を出しているのが、

我が家の 暴れん坊将軍 こと  です。

今日は吹くとピーっとなって、ピロピローって伸びてまき戻ってくる

これが気に入ったみたいで店に遊びに来た村の子達に

ピーっピロピローっとやって得意顔だった。

ピーっピロピロ2.
   ピーっピロピロ1.


けっこうこのピーって音がうるさいのでお客さんがいるときは隠しちゃうんですが、

ヘイズのせい(ちがうかも)で全然お客さんがいなかったので

ピーっ放題でした。

しばらく遊んでいたら今度はお姉ちゃんの 愛 の

おもちゃの携帯を取り上げ、この格好です。  もしもし1.


もしもし2.


タイは もしもしは ハローと言いますので

ハローハローなんて一チョ前に電話しているようだった。

これって見ているとけっこう笑えるんですよ。

今のところこの 暴れん坊将軍 が怖いものは、

パパとママだけみたいです。

おやま(ドイプイ)を含め北タイでは深刻な問題に直面しているというのに

こんな書き込みをして申し訳ありません。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。











今日は、チェンマイのヘイズが YAHOOさん のネットの見出し1番目に載っていた。

おじさんはお山の上の方に住んでいるので市内の方の被害は

相当なものだろうと思う。

子供達がほとんど夏休みに入っているので街中にいるよりいいとは思うのだが、

観光収入がほとんどのチェンマイ経済にはこのヘイズ問題が

深く傷跡を残すだろう。

4月まで続くと言われたヘイズにおじさんの美声も?

だみ声になっちゃうよ!(誰かの笑う声が聞こえたよ)


で、自己防衛の為、孫の 愛 はタイ古典楽器のキムを

夏休みに集中してレッスンをと考えていた嫁も

昨日から休ませている。

その前から市内に下りるときは防菌防煙を兼ねて頂いたマスクで

通わせていたのでした。

そのマスクを見てみると息を吸う口の周りが

黒くなっています。

さて、今日は市内に住んでいる家内の弟が孫を連れてヘイズから

非難と遊びにを兼ねておやま(ドイプイ)に来た。

でその姫たちのツーショットいきます。

ぞうさん、いかが?


右が家内の弟の孫 アイス(ICE)6才です。

暇なので店の商品がいいおもちゃに早代わりしました。

この二人の姫たちをパシャっていたら家内が横から

「私もいれて」と  家内と一緒に。


タイ人の写真好きを見せられました。



PS:ドロシーさん青い花、接写してみました。
花の大きさは約1cm弱で、1本の茎から白い花と青い花が出ていました。

青い花。


それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






あまりお見せしたくない、おやま(ドイプイ)の現状パシャリいかせてもらいます。
煙害1.


煙害2.


最初のパシャリは店の前の山を撮ったものですが、

本当はもやっている後ろに山々が連なっているんです。

次のパシャリはメオ小学校の校庭から人工物が何一つ無い

山を撮ったのですが何も見えません。

標高1400mぐらいまで煙が届いているようです。

TVではチェンマイ上空に2~3日後に小さい雨雲群が来ると予報され

その小さい雨雲に 雨の種(細かいドライアイス) の散布が予定されました。

まだまだ ヘイズの被害は続きます。



こんな嫌な事を気分的にいっきに晴らしてくれた常連さん(男性)と

お友達(女性)がおやま(ドイプイ)に来てくださった。

ボランティアのタイ訪問を数えるともう 23回 という

タイ・エキスパート常連さんです。

このお二人はもうお互いご家庭を持っていますが

50年前の大学1.2年とお付合いをしていて

当時は手紙のやり取りをしていたという。

そのやり取りしていた大切な手紙を常連さんが50年間も

取っておいてあったのである。

おじさんもこの話を聞いて思い出したが実家に

頂いた手紙があることを思い出した。

常連さんも言っておられたが 

男性の方が ロマンチスト なんだよ、と!

でこの昔ラバーズはこのやり取りした数十通の手紙を

おやま(ドイプイ)で燃やしたい、ということで来たということだった。

青春の大切な思い出の手紙を燃やす!

灰になった手紙を前で ありがとう と手をあわせたお友達、

形で残っているより、燃やしたことで二人の心に強く刻まれた、

とも言っていた。

50年目の常連さんのデートだった。

この出来事にお手伝い出来て、おじさん今日はとっても

良い気分になりました。

ヘイズのせいで曇っていたおじさんのモヤモヤが

いっきに晴れたそんな気持ちになれた、良い日でした。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。























市内にロングステーをしている常連さんが

バンコク在中の方とお友達を連れておやま(ドイプイ)に来てくれた。

店に入るなり

「市内から山が全く見えないよ?」と切り出された。

昨日も書いたが ヘイズ(煙害)で市内からおやま(ドイプイ)に来る山道まで もやっているのだ。

県では大気汚染指数(API)が危険水準に至ったとして

外出を控えるようにと言っている。

村人も交代で市内に近い山火事を消火する為に

パークレンジャーと共に山に入っている。

ソンテウの運ちゃんが言っていたが

市内の病院では 気管支系と眼科、に患者が出ていると。



今日はこの現実から逃れたいのでこんなのをパシャってきた。

お花1.


お花2.


花と滝。


おやま(ドイプイ)ではこんなにも綺麗で可憐な花が咲いています。

少ないですが滝からも水が落ちてて気持ちがいいですよ。

ぶり返しますが

塵埃を避けて山居にはいる、なんて書いている方も

いるぐらいですので、こんなときは、市内にいる方たちは

おやま(ドイプイ)にお出でください。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。


緊急報告です!

つい最近書きこんだ ヘイズ が猛威を奮い

北タイが大変な事態になってしまいました。

チェンマイ、チェンライ、メーホンソン、の空港で

飛行機の離発着が出来ず欠航になる便が出ています。

おじさんも歯が痛いくせに山火事が気になり

おやま(ドイプイ)の高台に行き もやり 具合を見に行ってきたが

眼下に見えるはずのチェンマイ方向が全く見えない!

尋常ではない もやり 具合であった。

日本から来たメールでも チェンマイの大気汚染etcが深刻 だという

ニュースが流れたよ、と知らせてくれた方もいた。

おじさんちがあるところで標高が 1185m で今のところ

ヘイズ じたいの影響はほとんど無いが

チェンマイでこのまま ヘイズ 続いたらいたるところに

障害が出ると思う。

今は夏休みで家にいる孫の 愛 は市内の学校に通っているので

心配だ。

幸い日本からとても良い子供用マスクをおじさんのお友達が

用意してくれたので防塵対策が万全だ、ありがたい。

雨さえ降ってくれれば空気中にまっている浮遊物質が地上に

流れ落ちるのにと思っても雨季までは約2ヶ月もある。

今は自己防衛しか出来ないのが実状です。

北のバラ と言われるチェンマイが

煙の古都 にならないことを今から祈っている。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。



土曜日だってーのにお客さんが少なかった

おやま(ドイプイ)のウイークエンドだった。


おじさんの学生時代の友達が去年の暮れに持ってきてくれた

「今日は何の日カレンダー」にはこんなことを書いていました。

農山漁村婦人の日、あとは語呂合わせのような

佐渡(3/10)の日、ミント(3/10)の日、LPガス消費者保安デー、植物油の日、なんて書いてありました。


おじさんが注目したのは、今日3月10日は

平成二年七月二十日に施行された、

東京都平和の日 になっている。

おじさんは平成二年にはタイにいたので全く知りませんでした。

そこで、東京都平和の日 とはをチョッとだけ書いてみたい。

昭和20(1945)年、3月10日未明の大空襲により東京では一夜にして

多くの尊い命が失われ、いたるところ焼け野原と化した。

この惨事を教訓にしてこの日がうまれた。

都内各所では記念行事が行われている。


両親とも東京生まれなのでこの大空襲の話は聞いた事があり、

両親の実家も焼け出されたとも言っていた。

今も、日本は世界的にみても治安は良いと言われているが

その礎になってくれた方々のことを平和な今、

タイにいるおじさんを含め日本人は見直してもらいたいと感じている。

おじさんがいるこの国 タイ、特に南部タイでは毎日のように

イスラム圏の人たちとタイ政府とで血なまぐさい事件がおきている。

一番被害を受けているのは、いつの時代も

何の罪も無い子供達なのである。

このことを当事者はもっと深くみつめてほしい。

なんだか今日は変な方向にいってしまいおじさんらしくなかったです。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。
















薬が効いてきたのか今日は痛みを感じない。

ので、店に出た。

出たもののおじさんの右頬の腫れはいまだにあり、

モン族(メオ)の村人の格好の話の種になり

いつもは滅多に店に顔を出さない村人が用も無いのに

不自然なそぶりでおじさんの顔を見に来ていた。

おじさんは、「人寄せパンダじゃないよ」

と言いたかったが如何せん

この顔じゃ迫力に欠けるのでやぶさかじゃないが

ジッと我慢をしていた。



夏休みに入って孫の 愛 が集中レッスンを受けている

タイ古典楽器の キム のレッスン風景を嫁がパシャってきた。

キムのレッスン1.


キムのレッスン2.


今日は個人レッスンのようだった。

それこそ マンツーマン で手とり手とりの教えである。

何度かの休憩を挟んで2時間のレッスンで、

しめに お師匠さんが奏でる ザロー と 愛 の キム との

コラボレーション でレッスンを終えた。

ザローとキムのコラボレーション。


デジカメのムービーモードで撮った画像を見たが

爺バカですが結構やるんですよ。

上手になったら店で聞かせることになっているので

おじさんは気長に待っています。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。