ドイプイ チェンマイ
午後1時45分、一見にわかに冷たい風がふき雨雲が広がり

間髪いれず ドッカーン と雷がおやま(ドイプイ)の山に響いた。

村人が待っていた先週以来の雨が降る!

と思いワクワクしながらだんだん暗くなっていく空を見ていた。

午後2時についに パラパラ と雨が降ってきた。

今日も暇でお客さんも少ないので ザーっと来い!と心で祈る。

が、なかなかザーっと来ないんです。

パラパラ、サラサラ、スーって感じて雨雲が去り、

道路を見てみると、花に水をまいたぐらいしか降らず、

見る見るうちに乾いていく道路、モワ~ンと立ち上る埃臭い水蒸気の臭い。

肩すかしをくらった気になった、アチー!


雨も降らないし、愛もいないし、今日のおじさんのお相手をしてくれたのは、

こいつらだった。  まぶしーよ!


おこるよっ!


こいつは  で寝ていたのにピカピカされ目がショボショボです。

何回もやっていたら、ウウー!と牙を見せて怒ってきた。

とこれで終われず今度の身代わりは、こいつ  でした。

飛んでるー1.


ダッコしてて暑かったので扇風機をあてたら耳が飛んでるように見え、

大笑いしていたら家内が鏡越しに パシャっ!
ヤギじゃないよー。


今度はおじさんがアップで パシャっ!

見てみてこれまた家内共々大笑い、

どう見ても ヤギ にしか見えない。

プードルをお飼いの方、どうぞ試しに扇風機をあててみてください。

プードルの新発見に大爆笑するはずです。

愛がいない為、おじさんにこんな目に合わされた

不運な座敷犬の今日の一日だった。

ゴメンナサイ。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。








スポンサーサイト
正確に言うと、

26日いつもどおり朝6時に起きようとしたら全身の節々が痛く起き上がれない。

額には、いやーな汗が出ている、もの凄い脱力感、けだるい。

それでも一緒に寝ている座敷犬2匹が散歩とねだる。

ベットから立とうと思うとクラクラする、

なんとか気合で出かけたもののいつもの半分も歩けず散歩から戻る。

戻って家内がおじさんの異変に気づきおでこに手をあてると「すごい熱」だと言う。

そのままベットに倒れるように寝てしまった。

目が覚めたのが午後5時、体の痛み、だるさは一向におさまる気配がない。

市販の風邪薬を飲んでみたが全く変化がない。

なにも食してなかったので風邪薬のせいで睡魔には襲われるものの、

それより悪寒が走りこの暑がりのおじさんが「寒い、寒い」と家内にうったえる。

家内は冷たいタオルを何回ともなく取り替えてくれた。

少し回復してきたので巡回をし休み書き込みも終えた。

もう27日午前になっていた。

疲れたので寝たのだがまた悪寒が走り、この頃からお腹がグルグルしだした。

何度もトイレに行く。

さすがおじさんもチョッとヤバイかな?と思った。

3月27日午前3時に、チェンマイ市内のランナー病院に家内に連れて行ってもらう。

車椅子に乗せられて診察台に寝かされ冷房が強すぎるぐらいきいているので、

悪寒がなおさらひどくなりお腹のグルグルもすごくなった。

ドクターがなにか言っていたがほとんど覚えてなく、ナーオ(タイ語で寒い)を連発してたと家内が言ってた。

そのあとは全く記憶がなく目が覚めたのは28日の午後1時だった。

左腕には点滴の針が刺さっている、寝ていたとは言っているものの、

お腹を壊しているので2時弱でトイレに行っていた。

夕方には悪寒も治まり体の痛みも和らいだ、でもこの時間まで何一つ食を摂っていない。

ドクターが何でもいいから好きなものを食べさせてと家内に言ってきた。

そこでおじさん、「梅のおにぎりが食べたい」家内は日本食材を扱っているスーパーに行き、

レンジでチンするご飯と梅と海苔を買ってきて病院でおにぎりを作ってくれた。

食べやすくであろう小さいのを5個作ってくれたが、

いざ、おじさんが食べようと思ったがそんなに食べれるはずもなく

2個で十分でした。

夜の10時ごろにはほとんど痛みもだるさもとれ、薬臭い体を家内が、

暖かいタオルでふいてくれた。

で、今日29日の朝の診察で退院となった。

おやま(ドイプイ)に着いたのは午前11時ごろで、

2日間何も食さなかった、骨皮筋衛門 と化したおじさんがそこにいた。

(体重は減ったものの見た目は全く変化はない)

チョッと悔しい気がするのはなぜなんだろう?

残ったのは左腕の注射のあとぐらい。

1月に 愛 が急性肺炎で入院、
2月に 息子も風邪で入院、

で、次がおじさんでした、ジャンジャン。

愛 がいなくなって2日で気が抜けたのかな?

孫の存在の偉大さに気づかされたおじさんの風邪っぴきだった。

隣で聞いてる家内がお腹を抱えて笑っています。

ちなみに 愛 は3月31日に帰ってきます。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






















静かです、しんみりしています、空しくTVの音だけ聞こえます。

そうなんです、夏休みで嫁の実家のプレー県に息子夫婦が里帰りしました。

家に居るのはジージ、バーバだけ!

家内はオーダーされた刺繍をしているし、

おじさんはPCとにらめっこ。

いつもだと 隣のベットで 愛 がふざけて歌ったり踊ったりetc

寝るまで騒いでいるのに今は ジージとバーバ だけ。

朝出かけるときは、あーこれで静かになる、

なんて思っていたがお昼を食べようといつものように家内が、

「愛ちゃん ごはんだよー」って誰もいないのに、

おじさんと目が合い照れ隠しに笑っていた。

孫の存在の大きさを今更に実感しているおじさん夫婦の長い夜です。

例えば、おじさん夫婦の会話、

家内:コーシー飲む?

おじ:ん。

これで終わっちゃうんです。

続きがないんです、会話が箇条書きみたいなんです。

これはおじさん夫婦だけじゃないと思うのはズルイですか?

今家内は刺繍の手を休め座敷犬2匹とじゃれあっています。

これは 愛 の代わり?

そのうちおじさんも一緒にじゃれあいそうです。


おやま(ドイプイ)っていうと、今日は本当に暑かった。

32℃


24℃


午後1時ぐらいの日中の気温が 32℃、

午後5時ぐらいで       24℃

標高があり湿度が少ない為、日陰に入ればいくらかしのげるが、

マジで 暑い一日 だった。

ピンボケで申し訳ないです。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






石川県で大地震があり死者も出ているとネットで知りました。

何も出来ませんが気丈にガンバッテください。



事前にメールを頂き昨日か今日かと待っていたはずなのに、

家内の親戚(モン族)が昨日の夜に入院した為、朝早く市内の病院に行ったら、

店から家内の携帯に連絡が入り、

超常連さんがもうおみえになっておられるとのこと、

電話を受けて20分後には店に付いたたようなしだいであった。

もうこっちの都合で、超常連さん をお待たせして

この場をお借りいたしまして、

遅れたことを心からお詫び申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。

超常連さんはほんとに気さくな方なので、普通に接してくださいましたが、

おじさんは、穴があったら入りたい 状態でした。

おじさんの体のドッかに残っている日本人の 時間厳守 ということを

できなかったことに恥ずかしかったです。

一緒に来て頂いた Mr Kさん 申し訳ありませんでした。


おやま(ドイプイ)はだいぶ煙霧もひけ青空が見え隠れしています。

モン族(メオ)の子供が山道でこんな珍客を拾ってきた?

拾われワンコ1.


拾われワンコ2.


拾われワンコ3.


そうです、このワンコを子供が拾ってきたんです、

生後2ヶ月ぐらいのメスで、以外に綺麗だったけど念のために

おじさんが薬用シャンプーで洗ってミルクをあげたあとのパシャリです。(子犬用の哺乳瓶をまだもっていたんです、捨てられずに)

座敷犬の2匹に面とうしをしたら、クンクンした後一緒に遊んで寝ちゃいました。

さてこのワンコをどうしたものかと(心の中じゃ飼うつもり)考えてたフリをしてたおじさんだった。

夕方になり、じゃ家で飼う、、、と言おうとしたときに家内の弟が

おやま(ドイプイ)に遊びに来てこの 拾われワンコ を見るなり

ほしいと言う。

まぁ実際今現在5匹も飼っているので無理だとは思っていたが

貰われるにしても義理の弟なので安心だった。

ほんとに短い出会いだったが久々に子犬にふれられて幸せでした。

どの犬種もそうですが1才弱までは子犬には特有の良い匂いがするんですよ。

おじさんはこの子犬の匂いが大好きでこの時期なるべくダッコしてあげるんです。

そうすると成犬になってもいつまでもダッコ出来るようになるんですよ。

モン族(メオ)の村人に驚かれながら犬とスキンシップを楽しんでいるおじさんです。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






今日、日本では、彼岸明け になります。

おじさんちの実家でもお墓参りに年老いた両親が行きました。

それと今日は、世界結核デー です。

(Word TB Day) は1882年3月24日のコッホによる結核菌発見を記念し、

世界の結核根絶への誓いを新たにする為に1997年制定されました。

詳しいことは、 http://www.undp.or.jp をご覧ください。

それと、今日は 中国縦断自動車道全線開通記念日 だそうです。

上記はおじさんの 今日は何の日カレンダー のパクリでした。



で、今日のおやま(ドイプイ)ってーと週末なのに客足はまばらだった。

その中でもおじさん的にはうれしい出会いもあったわけです。

それはバンコク在中の方が店に来てくださいました。

残念なことは家内が風邪で寝込んでいた為ご挨拶が出来なかったことです。

親戚のモン族(メオ)と記念写真も撮っていただきました。

店に来られたお客様でほとんどの方が家内が日本人で

ちゃきちゃきの江戸っ子のおじさんがモン族(メオ)に見られる!

このギャップ、印象で覚えてもらっているようなもんです。

この事実におじさんは慣れちゃいました。

暇だったので子供達もこればっかです。

タイ、チェス。


で、お母さん達は これだ。

刺繍、接写。


はじめてこれだけ刺繍を接写してみました。

刺繍していたお母さんは自分が撮られていると思って

ケラケラ笑っていました。

拡大するとクロスステッチの小ささがおわかりいただけると思います。


それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。



先ずは今日のおやま(ドイプイ)のパシャリからいかせていただきます。

超ひま。


車座で刺繍。


と、これが今日の長ーい一日のおやま(ドイプイ)です。

ニーっ!


丸々太ってセクシーショットのこの子は隣のデジタルカメラ屋さんの

PC加工写真の仕事をしに市内から来た人のお嬢です。

1才6ヶ月でこの体重?

村の人はこの体形といいおじさんに似ていると噂になったぐらいなついています。

なんで子供にうけるんだろう?

もしかしておじさんのこの体形が 着ぐるみ とでも思っているのか?



今日は朝早くから 愛と嫁 は愛の学校に出かけた。

で午後1時ごろ家内の携帯がなり 愛 が学期末の総合テストで

クラス34人中1番になったと言う知らせの電話だった。

それも全教科4段階のオールAと言うことだった。

これには家族全員ビックリした。

ドイプイ幼稚園の17人中1番はあったが今回はその倍の人数だったので

驚いたのとよくやった、エライ、と孫ながらそう思った。

それで 愛 になにが欲しい?とおじさんが聞いたら

「日本料理が食べたい」と言うリクエストがあったので店が終わってから

市内に下りていったおじさん家族でした。

日本料理を金、土曜日の夜、日曜日の昼とやっている、

おじさんの親が来たときによく使わせていただいている

ドン・タワンホテル に行きました。

スイカジュースだよーん。


お料理。

食べ放題。


と食べ放題なので各自好きなものを食べていた。

駄目押し?


で、ジージ見て!やってくれました。

食べたスイカの皮でひげのつもり、「ジージーだよ!」

ってこれをやらなきゃかわいいのに、こんなところはおじさんに似ている。

ビンごと?


おじさんの近くにいた 秀 がおじさんが飲み終えたビールをビンごと

少しはビールが入っていたらしく苦い顔をしていた。

これを見ていたパパママはビックリ、おじさんたちは笑っていた。

愛 のおかげで美味しい料理も食べることが出来ておじさんも幸せでした。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






22日午前3時頃にまた めぐみの雨 が降ってくれました。

煙霧でほこりをかぶっていた森の樹々たちも2日続けて

シャワーを浴びてミドリがだいぶ濃くなったようには見えますが、

スッキリとはまだ言えません。



さて、夏休みに入っても タイ古典楽器キム の練習でほぼ毎日

市内に通っている孫の 愛 がいつ行くいつ行くと言っていた

ペガサスさんが紹介している

サムカムペーン温泉のプールに行って来ました。

毎年のように行っているので 愛 が道を覚えていて温泉が近づくにつれ、

愛 の興奮度は最高長に達していた。

家内からお金をもらい自分で入場チケットを買い、プールのチケットも買い、

さっさと更衣室に行き水着に着替えプールに1番乗りして皆を呼んでいた。

ではその カッパぶり をいかせていただきます。

子ガッパ。


滝?


プールの中に滝があるので日本の 打たせ湯 のようです。

オェ~?


息子は高校時代アルバイトで市内のスイミングスクールでインストラクターを

していたので 愛 に泳ぎを教えていたらチョッと溺れて硫黄の匂いのする

温泉を飲んじゃった。

で、少し?していたのでパシャリました。

休憩を取りなんだかんだで3時間ぐらいプールにいて 愛 が

温泉玉子が食べたいというのでプール終了です。

温泉ウズラ玉子。


タイでは醤油をつけて食べます。

しめは アイスクリーム。


お昼ごはんはタイラーメンを食べ しめのアイスクリーム でこの顔です。

おやま(ドイプイ)に戻ったのは夕方5時過ぎだった。

泳ぎ疲れて寝ていた 愛 でしたがおやま(ドイプイ)に着くなり

「今度はいつ行く?」って、家内とおじさんの顔を見て満面の笑顔で、

二人が顔を見合わせて笑ったのは言わずもがな。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






昨日の夜、正確に言うと

21日午前3時20分におやま(ドイプイ)に雨が降った。

おじさんの全く定かでない記憶に寄れば多分2ヶ月ぶりの雨です。

最初に台風かと思える強風がありそのあと

ザーっとドシャ降りになった。

降っていた雨の時間はたったの15分たらずと短いものだった。

なぜこの時間まで?

いつもは寝つきのいいおじさんがなぜか昨日は寝れなかった。

別に日中なにをしたわけでもないのに。

もうこうなれば目が体が疲れるまで起きていようと思い

この雨降りの時間にたちあえたのです。

午前4時を回った頃眠気がきて、

明日はこの雨でヘイズ(煙霧)の粒子が雨粒にひっついて

流れるに違いない、なんて願っていた。

目が覚めたのはいつもどおり午前6時、窓を開けて見ても

まだ薄暗くハッキリしない。

座敷犬2匹と雨で湿り気のあるドイプイ銀座通りを

ゆっくり歩いているとだいぶ明るくなってきた。

滝のあるところは店より高い所にあるので下方の山を見てみると

あのドシャ降りの雨でもおじさんが思っているより

煙霧はうすくならなかった。

市内からお客を乗せてきたソンテウの運ちゃんに雨の効果を聞いてみると、

煙霧の色はうすくなったけどまだドイプイの山は見えないよ、だって。

TVだとチェンライ県でも雨が降ったというし、予報だと

明日も降ることになっているし、どうか続けて降ってと祈っている。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。



yamaojiの 今日は何の日カレンダー には今日はこんなことを書いてある。

今日3月20日は、

上野動物園開園記念日、 

東京国立博物館(東博)開館記念日 です。

どちらも1882(明治15)年3月20日のオープンしました。

公園内に動物園、

上野寛永寺跡に東博はできている。

確かこの日は動物園の方が無料で子供の頃母親に連れて行ってもらった記憶がある。

噴水前広場で模様しものがあり、わた菓子なんかを買ってもらったような気がする。

あとは 電卓の日。

日本事務機械工業会が1974(昭和49)年のこの日に日本の

電気卓上計算機(電卓)生産が世界一になったことを記念して制定されました。

全く生活には役に立たない 今日は何の日カレンダー ですが

毎日見ていると、そうなんだ!

と思う日もあります。


おやま(ドイプイ)は相変わらず暇なのでドイプイ寺院に行く

車用の山道でおじさんが季節ごとに気に入っている所を

パシャテきました。

好きな山道。


あとは息子の嫁が育てている完全無農薬のトマトが旬だというので

嫁が収穫しました。

トマト狩り。


もう少ししたら カボチャ、みどりナス、キヌサヤ、etcが採れるそうです。

これもほとんどただ食材なんですよ!

改良なしの野菜は、

例えば、トマトは酸味がとても強く青臭い、

    キュウリは、細く苦くブタのシッポのようにクルンとしてます。
    
健康にはいいのですが、割り切らなければ苦になります。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。


今、僭越ですがおじさん家族が大切に思っている

ロングステーヤーの方が市内の病院に入院なさっています。

おやま(ドイプイ)、店にも幾度となくお顔を出してくださる

大切な方です。

病院は市内でも屈指の先進科学医療を整えているところで安心はしていますが、

何にも出来ずお見舞いぐらいしか出来ない、おじさん家族です。

行ってみると気丈にもおじさんたちに気を使っていっぱいお話をしてくれるが、

やっぱりベットで寝ているのを見るとやるせない気持ちになる。

今は家族全員で回復を祈るしかない。

ガンバッテください。



今日は朝から風がある、おやま(ドイプイ)でした。

このお天気じゃ雨はほとんど期待できないのでこの風に

ヘイズを飛ばしてもらうしかないようです。



おじさんは、自然な風景画 が自分が全く描けないので好きなんです。

人工物はなんとなく苦手なんです。

でもここ数年市内のあるところでひっそりと描いている作家と出会い、

本物は高価で買えませんからコピーを集めています。

タイ古典画でタイ女性のなんともいえない柔らかい体の曲線が

綺麗で今までに二十数枚集めました。

チョッとがらじゃないんで載せようか躊躇ったのですが、

家内が見せてあげたら、なんて言ってくれたので載せます。

行水。


姉妹。


どれもタイ女性はセミヌードの古典画なんです。

実物は油絵でもっと綺麗で柔らかい色を使っています。

この絵を12枚使っておじさんは、おじさんだけのカレンダー も作っています。

日本にいたときも西洋画より日本画が好きだったことをこの絵と

あってから気づかされました。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。