ドイプイ チェンマイ
これで3度目のトライですよー。

書いて 保存で サーバーが・・・

停電でイライラしてて、今度は サーバーが、ページが・・・って

傷口に塩、状態のおじさん環境ですよート。

明日休日だからサーバーが混むのはわかるがやっぱり

頭にきたりする。

もんのすごい事書いたのに(チョッと語弊が)しらけちゃった

おじさんがブツブツ言いながらモニター見てキーボードを

たたいている格好を想像してみてください、笑えます。

えんがチョッ!

気分を変えて。

明日は、タイ全土で仏誕節(ウイサカプジャー)で休日です。

タイではこの日は 釈迦 が

生まれた日、修行をして悟りを開いた日、滅した日、になっている。

昔、ドイステープ寺院への道は僧侶の修行をかねて、たいへんな道だったらしい。

僧侶クーバー・シーヴィシャイ が民にも仏のありがたい説法を

説きたいと人がやっと通れるぐらいの道を作ったという。

苦労をすると良いことがある!

このことにあやかりたい仏教徒達が夕方から徒歩で

ドイステップ寺院向かっている。

寺院につくと本堂を3回まわるそうだ。

タイ人の友達は、夜の散歩感覚、ご利益つき、なんて言っていた。

店に来てくださる市内にロングスティーをしているご夫婦も

ここ何年か続けてて8時間もかけて歩くという。

村人も何人か行ったようだ。

ナショナルパークであるドイステープ、ドイプイへ続く1本道は

普段なら夜の8時にはゲートが下り行き来は出来ない。

モン族は通行所があるので何時でも OK ですよ。

なので、1年1回夜の解放、ご利益を求め仏教徒の方たちは

歩きます。

まだこの時間十分に間に合いますので健脚でご利益を得たい方は

ドイステープ寺院を目指してください。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。







スポンサーサイト
もんのすごい雷とスコールが昨日の夜、

おやま(ドイプイ)にあり、

急いで巡回をし、そしたらゴロゴロもなくなりホッとしたら

ドン、と大きな音と共に 停電(ファイダッ) になった

おやま(ドイプイ)です。

朝起きても停電が続いていたので、いくら暇でも電気も無い

真っ暗な店じゃ仕事?もままならないということで、

家内の用事でチェンマイ市役所に行ってきた。

ペガサスさん から教えてもらっていた ダイソー にも行ってきた。

店に入るとそこら中に日本語の商品があり(日本の会社なので当然だが)、

初めて母親にデパートへ連れて行ってもらったことを思い出した。

手に取る商品が頭を使わず理解できるってほんとに楽なもんですね。

あ”今デカイ雷がマジ近いっス!

全くアンコのない書き込みで今日は失礼します。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。
ライチ が出始めてうれしかったおじさんですが

もうてっきり書き込んでいたと思っていたが、

常連さんにメールをもらい書き込みをチェックしたら

ほんとにうかれすぎて一行も書いていなかった。

それはこれでした。

ウエルカム・ライチ。


そうなんでんです!

ライチ が食べ頃になってからは毎日、朝摘みライチ が

店のテーブルには ウエルカム・ライチ として準備してあったのです。

この常連さんにはいつも厳しいチェックをしてもらい感謝しています。

ので、今なら毎日、朝摘み完全無農薬ライチ が店に来てくださった

お客様にお出しできますよ。

今日も晴れて熱かったおやま(ドイプイ)です。晴天。


ライチ販売。
                         1kg10バーツ。


日曜日だったので駐車場の簡易テントには6軒が店を出していた。

おやま(ドイプイ)の ライチ も半分終わり、

出始め 1kg30バーツ だった価格が

今日は 1kg10バーツ になって、買い得ですよ。

なお、チェンマイ市内の価格はおじさんにはわかりません。




で、今日は雨季ならではの作業が村中で行われた。

火事じゃないよ1。
                      火事じゃないよ2.


このパシャリを見て、また火事か?と思った方は、

毎回覗いていただいてくださってありがとうございます、

とお礼を言わせてください。

でもそうじゃなくて、雨季の雨でそこいらに大小の水たまりができ、

そこに 蚊が卵を生んじゃうのでその予防として

この パシャリ になるんです。

蚊駆除マシーン。


この煙は、蚊駆除噴煙機(モスキートバスター) だったのです。

もの凄いエンジン音とこの煙ですから家の近くに来ると非難します。

この光景を見て雨季だなーと実感させられます。

PS:おやま(ドイプイ)では、デング熱 はもう数十年発生しておりません。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。



午前中晴れ、午後から雨、のおやま(ドイプイ)でしたよ。

相変わらず暇なおやま(ドイプイ)でしたが、

去年の12月に来られたお客さんが4人のお友達を連れて

店に来てくださった。

ソンテウの中でおじさんと家内のことを話してきたと言っていて

店に入るなり、大きな声で、

おじさんいる!の一声でした。

ビックリするやらうれしいやらで初対面の4名様とも

自然にお話をすることが出来、楽しい出会いでした。

土曜日と言う事でモン族(メオ)は、今が旬の自慢の

ライチ の販売に力がはいっていた。

ライチ販売。



雨が降れば、雨が降ったなりに、雨で遊べるモン族(メオ)の子供。

雨雨ふれふれ?
                       雨降り。


今日は雨はそれなりでしたが雷がすごかった。

きっと ペガサスさん 所もそうだと思いました。


さて、常連さんの Tご夫婦様 からいただいた 

イカナゴ でこれを作ったおじさんです。

イカナゴ。


おじさん作、イカナゴの佃煮 です。

タイの醤油、砂糖、で味を付け、

最後に M子様 お手製の梅干、梅肉で味をしめた力作です。

家族に出したら 呑み助たちは唐辛子をチョイとふり、

孫達は、お茶漬けに、家内は日本茶の茶うけとして

大好評だった。

北タイに暮らしていると、海が遠いせいか魚好きが多いように感じる。

常連さんのTご夫婦様、本当にありがとうございました。

家族全員、美味しくいただかせてもらいました。

結構やるでしょう、おじさんも。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






昨日に引き続き天気が良かったのでおじさんの好きな道に行ってきた。

好きな道。


某tonari no totoro じゃないけれど 樹のトンネル なんですよ。

マジ 山道で樹々の隙間から木漏れ日が差しているし、

こんなところがおじさんにはたまらなく好きなんです。

で、この山道の先に何があるのかを知っているおじさんは、

一人で結構ワクワクしていました。

では、そのワクワクのパシャリいきます。

ズーカッブライ1。
                     ズーカッブライ2.


そうです、柿(メオ語で、ズーカッブライ) でした。

去年常連さんをおやま(ドイプイ)の違う場所にお連れしたが

1個しか実をつけておらず寂しかったのを覚えている。

今年はこの1本の木でも結構実をつけていたので7月下旬の収穫が楽しみです。

こんなとことでさへ気持ちを良くさせてくれる 山の恵み です。

ひととおり近くを歩き勝手に納得して店に戻ってきたら

雲行きがあやしくなってきた。

転ばぬ先の杖、じゃないけれど雨よけのひさしを出した。

すると、

トン、トン、 ドンドン、 ザーザー

この擬音は、おじさんちのトタン屋根にあたる雨の音です。

今日は雨が降る前からこれになった。

停電1.
                           停電2.


ありのままを見ていただきたくてあえてストロボはたかず

パシャリました。

午後の3時頃から3時間の停電になったのです。

その中でも今日はじめての日本からのお客さんが店に来られていて、

亜熱帯気候のスコールの洗礼と停電にあいました。

スコールは20分ぐらいであがりましたが停電でロウソクしかなく、

みやげ物を見つけるのに苦労していました。

おじさん的には申し訳なかったがお客さんじたい、

この環境が新鮮だったみたいで、お帰りの際

良い経験をさせてもらいました!

なんて笑っておっしゃっていらした、この言葉に救われおじさん家族だった。

それでは、この辺で、(やまの おじさん) でした。






昨夜は雨足が早くもしやと思っていたら案の定夜12時頃から 

停電 で書けずじまいでした。

で、今日はっていうとこんなでした。

青空。


雨季でこれだけ晴れるのは稀である。

今日おやま(ドイプイ)に来てくれたお客様は5日間タイ観光をして

1度も雨にあわなかったと言っていた。

こうなると完全に 晴れ女(お客さんは女性) と言うしかないだろう。

雨季で山火事の心配が少なくなったおやま(ドイプイ)に

こんな団体も遊びに来ていた。

プン インシー。


プン インシー(イーグル・セメント)と言い、

セメント会社がスポンサーの消火活動ボランティアの人達だった。

今年はこの方たちに本当に世話におやま(ドイプイ)でした。

午後になっらこんな バイカー も遊びに来た。

女性ライダー。


ビバ・アメーリカ、ってか!

おじさんの見立てて65歳前後の白人の女性ライダーで、

短パンにルーズソックス は、カワイかった。

パッと見てバイクは ハレーダビットソン のように見えるが

某ほんだ車の150ccのバイクにハレーグッズをデコレーションしたものだ。

でもこのスタイルバイクはある程度恰幅がいいとそれなりに見えてうれしくなる。

今日も荷台に ライチ を摘んだトラックが市内に何台ともなく下りて行き、

荷を空にしておやま(ドイプイ)に帰ってきていた。

それでは、 この辺で (やまの おじさん) でした。



夜通し降っていた雨が止み、1日中曇りのおやま(ドイプイ)だった。

今日は平成9年に店に来てくださったお客様がお顔を見せに

来てくださいました。

約10年前、おやま(ドイプイ)の山道が完全オフロードの時代です。

当然、電気もガスも水道も無いころです、(水道は今も無いけど)

店じたいも床は土がむき出しで、市内から来るソンテウの運ちゃんに

充電をしてもらっていた非常ライトとロウソクだけでした。

お来しくださったお客様も当時のことを覚えていらっしゃって

変わったおやま(ドイプイ)に驚いておられました。

今じゃ胸にカメラマンカードをさげたモン族(メオ)が来客数よりいますから。

それでも土の道路からコンクリートの道路に変わった村を散策したら

そこかしこに10年前の面影があるとお話してくださいました。

最後に また来ます。

と言ってくださったことがおじさんにはとてもうれしかったです。


お客さんがいなくなった午後5時ごろに店を閉めていたら

家内の携帯が鳴り、市内に暮らす弟から娘の誕生日だから

皆連れて遊びに来ない?

と言うことだった。

市内の学校に通っている 愛 が午後の6時には帰ってくるので

それを待って出かけた。

バースディーケーキ1.
                    バースディーケーキ2.


15歳の誕生日(ワン クー)です。

フーッ!
                           弟夫婦と15歳の娘。


この子(ニックネーム ノック)の影響で 愛 はタイ古典舞踊の

稽古に行くようになったのです。

タイ古典舞踊。


さて、ケーキが出されたことで一人以上にテンションが上がったものがいた。

自分で!
                          うっ!


そうなんです、今、おじさんちで一番偉そうにしている

暴れん坊将軍こと 秀 でした。

ご飯食べてケーキが出たらいきなり ガブッ!

で、この顔です。

このあとはひどすぎて載せられませんでした。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。











暇だね~。

ゴールデンウイークだって来タイ率が去年より7.3%伸びた、

ってTVで言ってたけど、

こと、おやま(ドイプイ)は、例外だったみたい。

今日だって暇だし、おじさん的には涼しくてよかったのだが、

寒がりの家内は長袖の重ね着をしていた。


今は日本に一時帰国している常連さんがチョッと気になっている

モン族(メオ)のパシャリを プレゼント したい。

ライチ売り。


このモン族(メオ)の女性が気になっておやま(ドイプイ)に来てくれる。

元気にガンバッテいますよ!

ライチ が出始めたらゲップが出るほど載せる、

と言ったことを覗いておられる方は、そのとおりだと感じてきたでしょう。

でも、今日はおやま(ドイプイ)で採れる2種類の ライチ を紹介させてください。

ホンホイ。
                        オーヒヤ。


最初の突起が細かくトゲっている① ライチ を ホンホイ と言い、 

下の意外にのっぺりした皮の② ライチ を オーヒヤ と言います。

①のホンホイは甘さと酸っぱさがちょうど良いと思い、

②のオーヒヤは甘さが強くアダルト好みなようです。

あくまでもこれはおじさんが感じた、見た感想なので

個人の好みがありますのであしからず。

②に似ていて3歳児の握りこぶしぐらい大きくなる ライチ があって

これを ジャカパ と言い去年、おじさんがチェンライの

ライチ祭り で買ったとときは、1kg130バーツもして驚いた。

おじさん的には ①のホンホイが安くて美味しいと思っている。


それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。
 




今日はとってもうれしいことがありました。

常連さんの おすみさん のグループのブログに、

おじさん夫婦と ライチ のことを書いてくれたんです。

この おすみさん はおじさんより家内のほうが大好きで、

失礼ですが実家の母に容姿、雰囲気がとても似ていて

おじさんよりお話しをするぐらいです。

日本に帰る日なんかは、家内は泣いていたぐらいですから!

村の子供たち教師とも交流され人気がある方です。


今日も雨でスタートをきったおやま(ドイプイ)です。

先ずはこれから、            霧1.
            霧2.


もや~ん、とした濃い霧がおやま(ドイプイ)を覆いつくしました。

霧、露の滴がこれにもついていた。

クモの巣1.
                           クモの巣2.


まだ雨季本番じゃないのでこれぐらいですが、

クモの巣が滴で真っ白になったら再度パシャリたいと思っている。

で、珍しく日本からお客さんが2人お出でになってお話をしたら、

男性の方が 晴れ男 を自称していて、

女性の方は 雨女 だと言っておられた。

のでこのお客様がおやま(ドイプイ)におられる間雨が無くこんなのもパシャれました。

ライチ売り1.
                           ライチ売り2.


晴れ男が来たからって雨が止んだのは偶然でしょうが、

このことでお客様との間が短くなったことを感じたおじさんだ。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。




土曜日だってーのに、本当に暇なおやま(ドイプイ)です。

おじさん的にはのんびりしていて良いのですが、

一家の財布を握る家内は、たいへんなようです。

救いなのは、おやま(ドイプイ)には ただ食材 が豊富なことです。

苦しいはずなのにそんなそぶりを見せない、モン族(メオ)気質ですかね。

午前中は、ズーとこんな天気だった。

霧のドイプイ。


そんな霧の中、モン族(メオ)の女性は熱心にこれをする。

刺繍1.
              パッチワーク1.
            パッチワーク2.


ライチ の収穫を見送った女性は刺繍に励む。

パッチワークのパシャリで、

糸と手がぶれているのは、お針子さんの手の動きが早い為、

とおじさんのへっぽこデジカメのせいですよ。


ここで ライチ の豆知識いきます。

ライチ と言う果物は日持ちが悪い果物です。

朝摘みをして出荷して市場、etcに並ぶわけです。

で、その中でも新鮮な ライチ を選ぶには、こうです。

ライチ は大まかに3種類ぐらいに分けられます。

どの種類にも多かれ少なかれ、ピンクの皮の表面が突起状になっています。

新鮮な ライチ は皮が湿っていてソフトです。

試食にときに皮が 乾いていてパリッと剥けるようだったら

摘んできて6時間ぐらいたっていると思ってください。

新鮮な ライチ は皮を剥くとき実がついていて

少しだけ抵抗を感じます。

それでも ん?て方は皮を触ってトゲトゲが強く感じたら

時間が経過していると思ってください。

購入法は朝摘みのものを今日か明日には食べきれる量をもとめる!

これが ライチ の甘さと上品な酸っぱさが感じられる食べ方です。

買い置きして3日もたった ライチ は皮が固くなり

皮のトゲトゲ感も強くなりただ甘いだけになってしまいます。

1年1回1ヶ月ぐらいしか出ない ライチ 

どうぞ美味しく食してください。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。