ドイプイ チェンマイ
今日は市内でロングステーをなさっている常連さんが遊びに来る、

と連絡をいただいたので、あっちには行かなかった、

ので、いつものyamaoji書き込みいかせていただきます。


雨です、立派な雨季らしい雨です。

先週は暑いぐらいだったのにここ2~3日朝からズーと雨です。

おじさんは涼しくて快調に

携帯ストラップ制作に精を出しています、マジ!

お仲間の ひーさん が名付け親の

モンちゃんストラップ もより一層最小化に努めています。

家族で一人だけ長袖の重ね着をして店に出ているのは、

超寒がりの家内です。

常連さんにも 熱くないのー?

なんてつっこまれていました。

なのに日本の冬は好きなんですよ、

おこたに入ってお饅頭でお茶したりするのが、

確かに日本家屋のほうが機密性に優れているとは思いますが、

おこたにお饅頭って ねー日本人より日本人くさい感じがします。

さて、この前から隣の店舗改装工事が雨の中、停電の中

息子を棟梁にして村人が入れ替わり立ち代り手伝いに来て

のんびりと進んでいます。

で、息子の仕事振りをパシャってみました。

溶接1.
                     溶接2.


今でも鉄骨を使う建物が少ないので息子の溶接技術を

手伝いしながら見学しているモン族(メオ)の村人も来ていた。

お手伝い?
                     溶接3.


雨で感電しながら停電にも悩まされ、なかなかはかどらない作業ですが

それも雨季の自然な時の流れで腹をたてる者もいない、

おやま(ドイプイ)の天然スローライフですよ。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。










スポンサーサイト
今日も病院に行ってきたが18歳の彼は全く反応が無かった。

頭と顔の手術なのでまさにミイラ状態です。

ICUに入っているのであえるのはほんの数分ですが

痛々しいです。

今のところ彼の生命力に期待するしかないのが現状のようです。

暗い書き込みですのでサラッと流してください。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。
昨日の夜11時ごろに家内の携帯がなり出てみると

チェンマイ市内で暮らしている親戚の息子18歳が

サンカムペーンという所で女性ドライバーと接触事故にあい

救急車で、スワンドーク病院に運ばれ、

速、頭蓋骨切開手術だと言われ、とりあえず病院に駆けつけたおじさん家族だった。

事故は夜10時頃らしいが一人だった為連絡先がわからず、

この時間になったと親戚の弁。

手術がはじまったのが午前12時過ぎで、

手術室の前に親戚達と何とも言えぬ空気が流れている中にいたおじさんです。

おじさんと家内は白々と夜が明ける午前5時頃に

おやま(ドイプイ)に戻ってきた。

詳しくはわからなかったが

前頭部の頭蓋骨陥没と両目の下の骨の陥没骨折だと言っていた。

と言うことで昨日の書き込みは無しでした。

今日もこれから家内と見舞いに行くのでもしかしたら、、、です。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。
先ずはこのパシャリいかせていただきますよ。

霧1.

                            霧2.


駐車場が濃霧の為このありさまですよ。

霧と生徒。
            霧と生徒2.
              霧と生徒3.


濃霧で何も見えなかったが小学校の方から

子供達の元気な声が聞こえたので見に行ったら、

濃霧を遊びのアイティムにしているモン族(メオ)の生徒達だった。

昼ごはんを済ませた頃から霧が晴れおじさん、これを見に行ってきた。

ジッ。


山からの贈り物、きのこ(メオ語、ジッ)でした。

これは毒キノコで食べられませんが傘の部分が薄い紫が綺麗でパシャリたいと思っていた。

霧も晴れたので隣の親戚が店を新しくする為、工事に入った。

店作り。


こんなとき工事を仕切るのは息子です。(赤い帽子)

工事をしていたらとんだお客が出てきた。ポー。


ポーッ。
                    ポーッ。


つい最近も出てきましたが おなじみのサソリです。

大王サソリの子供です。

刺されても死に至ることはありませんがひどく腫れます。

成サソリになると30cmオーバーにもなるやつです。

おじさんは工事の村人からもらってきてパシャリです。

おとなしかったのにしだいに威嚇しはじめた、サソリだった。

もちろん、パシャったあとは逃がしてやりましたよ。

セミだのサソリだのって毎日にぎやかなおやま(ドイプイ)だね。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。


今日も暑かったおやま(ドイプイ)でした。

おやま(ドイプイ)でこんなに暑いんならチェンマイ市内なんて

想像するだけで汗がでてきます。

これも地球温暖化のせいでしょうか?

雨季で昼間1週間も雨が降らないなんておじさんの記憶にもそうはないですよ。

仕事もしてないのにお昼の時間は来ますからみんなで食べた。

食べ終わっておじさんは 携帯ストラップ を作っている作業台でゆっくりしていたら、

いきなり背中の方から ジージージーとけたたましい音が聞こえてきた。

捕まえてみると こいつだった。

セミ。
                           セミ。


羽が茶色じゃないので アブラゼミ じゃないと思う、

羽が透明なので  ニーニーゼミ ?でもサイズが違いすぎる。

おじさん、わからないのでご覧になられた方で詳しい方はコメントください。

セミを持っているのは息子の手だが比べてもらっても

結構 デカイと思った。

鳴き声もデカク、パシャルあいだ中鳴いていたので、

こいつも 泣いた?

コワイよー!
                       まだいる?


鳴き声がデカイので怖かった ヘナチョコ将軍 だった。

でも見たいんだよねー!

この気持ちおじさんには痛いほどよくわかった。

パシャったあとは、山にかえしてやりましたよ。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。

毎日暇なんで今日はじっくりとおじさんちとまわりを見てみた。

最初に目に飛び込んできたのはこの ミニ怪獣達?かくれんぼ。


愛、秀、舞の3人組みが朝も早よから村の子達と店の中でかくれんぼ。

遠巻きに見ていると仕切るのは お姉ちゃんの愛で、得意顔だった。

昼前には村人がこれを半強制的に売りに来た。
白菜。


白菜5個で10バーツ(約37円ぐらい)でした。

もちろんおじさんちでも作っているが先に収穫したりするとよく

村人達は売ったり、勝ったり、持ちつ持たれつってやつですね。

早速、白菜の炒め物で昼ごはんをとり、ゆっくりしていたら

店の前の休憩場でこんなことをしていたモン族(メオ)。
チュ-スッ。
                         チュースッ。


モン族(メオ)の女性のスカートの一部ですね。

ろうけつ染め(ロウは蜜蝋ビーズワックス)を終え

藍染を施した木綿の生地ですね。

この作業はモン族(メオ)の昔ながらのアイロンがけをしているところです。

チュースッ は アイロンがけの意味です。

女性は筒状のものを炭火で暖めその熱で生地をまっすぐにのします。

今じゃおやま(ドイプイ)でもほとんど見ることはありません。

午後の4時を過ぎた頃に家内と嫁と親戚のおネーちゃんとでこれに取り掛かっていた。
カエーッ。


カエーッ というのはニンニクの皮むきのことですね。

おじさん日本にいるころは ニンニクを食べれる日が決まったいたのに

この国に来て多かれ少なかれほとんどの料理に ニンニクが入れてあり

気にせず美味しくいただいております、どなた様もごめんなすって!

相当量のニンニクの皮をむき、後の料理に備えます。

晩ごはんは、鶏肉ミンチのニンニクソース炒め だった。

タイのニンニクはこの国にしては、とってもソフトで、

匂い的には日本のほうが強いぐらいだと感じています。

と、まぁこれが抜粋した暇なおやま(ドイプイ)の暮らしですよ。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。




店の前には チャオポール(メオ)小学校 から委託された

モン族(メオ)の学生の為の募金箱(ドネートボックス)が置かれています。

おやま(ドイプイ)にお出でになられた国内外のお客様方の

暖かいお気持ちの入った募金、寄付です。

だいたい2ヶ月に1回ぐらいで募金の回収が教師立会いのもと行われます。

それが今日でした。

募金箱1.
                           立会い教師。


暇だ暇だとは言へ約2ヶ月で6900バーツぐらいの

募金、寄付金が集まりました。

募金、寄付金をしてくださったお客様に校長に代わりこの場をかりて

厚く御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。


おやま(ドイプイ)は日中雨もなく青空でおじさん的には暑い日だった。

暇なのでこんなのを作ってみた。

てるてる坊主1.
                       てるてる坊主2.


今の日本の軒先でこれを吊っているような粋な家は皆無だろうね。

これを作っていたら息子が一言、

一休さん?

確かに一休さんのTVの主題歌の時に てるてる坊主 は出てきます。

それを息子が覚えていて、一休さん って言ったのだった。

ちなみに人形だけの大きさは3cm弱です。



夕方常連さんがチェンマイソーセージ(サイウア)とスペアリブを持って

おやま(ドイプイ)に来てくださった。

この前もご馳走してもらった常連さんです。

近々日本に戻るということでその前によってくださった。

マジで暇なおやま(ドイプイ)を見て、

花博の時の混みを知っているから信じられない、と言っていた。

本当に暇なんです。

2時間ぐらいゆっくりしていただいてチェンマイに戻って行った

常連さんです。

日本に戻ったら時間と競争するぐらいのお仕事をなさっている

常連さんなのでおやま(ドイプイ)に来た時ぐらい、

何もせずのんびりしてもらっています。

とってもいい写真も見せていただきました。

言えませんがおじさんが大好きなものです。

今日も差し入れどうもありがとうございました。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。



今日も昨日に引き続き良いお天気になったおやま(ドイプイ)だった。

ん? 停電はって、今日は朝から電気は届いていますよ。

おやま(ドイプイ)の通電環境はおじさんのPC環境とほぼ同じようです。

天気も良くモン族(メオ)の女性達がいつもより気合を入れて刺繍に励んでいた。

刺繍1.
               刺繍2.
              刺繍3.


と、3人いれば3種類の刺繍が見れる。

去年亡くなった義母の妹がモン族(メオ)の

スカートの作業をしていたので見てもらいたい。

シャーリング1.
                     シャーリング2.


名をメオ語で ナー というこの女性は村でもトップクラスの刺繍の名手で

店にある シリキッド皇后様 への献上品もこの老女の作品があります。

スカートはシャーリングというフレアーがつく縫い方をしているところです。

このスカートが完成を迎えるのは今年のモン族(メオ)のお正月12月だという。

ほとんど1年がかりの大仕事ですね。


あとは、おじさんちの ライチ が終わり、これがだいぶそれなりになってきた。

ラムヤイ(ロンガン)
                    ラムヤイ(ロンガン)


ラムヤイ(竜眼ロンガン)ですね、おやま(ドイプイ)には

おじさんちの3本しかないですよ。

なぜって?

そこをつっこまれると答えられないなー。

ライチ も ラムヤイ も原産国は中国なのに

ルーツが雲南省のモン族(メオ)は ライチ しか育てません。

この疑問はモン族(メオ)の長老に聞いてきて書き込みたいと思います。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。

                         

ライチ の販売もこの頃は1店ぐらいになり終わりが近いのを忍ばせます。

当然ながらおじさんちの ライチ はこの前終わっちゃった。

今はおじさんの ライチ好き を知っている村人が2日に1回ぐらいで差し入れしてくれている。

これには本当に助かっている!

これって日本で言うところの


向こう三軒両隣
、っていう習慣、慣習じゃないかなーと思ったりしている。

店に日本からお客さんが来て、テーブルに ライチ が置いてあれば

それを食べたお客さんが村人から ライチ を買う、

このお返しが おじさんちの今食卓にあがる ライチ になっているわけです。

持ちつ持たれつ ってかー。

こんなおバカさんなことを書いている場合じゃないんですよ。

先ずはこのパシャリから、

青空。


こんなカラッとした清々しい青空にもかかわらず、

おやま(ドイプイ)&店の中はこんなです。

停電1.
                          停電2.


と、朝からズーっと! 停電だったのです。

書き込む時間までには何とかなるでしょう、なんて思っていたら

夕方6時にやっと電気が届きました。

この待っている時間って結構ハラハラしていたりしたおじさんだった。

まぁ停電は慣れっコだがやっぱり日本人に戻れる

唯一の時間がこないのは寂しく感じている、PCライフ ですよ。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。



おじさんは停電はよく書き込みますが、

瞬電(しゅんでん)と言う言葉は知りませんでした。

お世話になっているおじさんのPCのお師匠さんに夜11時過ぎに

PCの調子が芳しくなかったの電話で 質問 したら、切れたり切れたりするのは

瞬電 と言うと教えてくれた。

おやま(ドイプイ)に電力の供給が不足するとなるらしい、

症状としては、電球の明りが定まらない、チカチカする。

PCのバッテリー器が常にピーピーなる。

などでその気になって書き込んでいると、

保存の時になって ページが、、、ってのがでてきちゃうんですよ。

んで、昨日は投稿出来ずじまいでした。

対策としていろんな時間帯にPCに触ったりもしたのですが、

おじさん的には周りが静かな夜の方が書き込みやすい気がします。


はんかさん今日、以前抜いた顎も固まり歯科に行ってきました。

で、おじさんの インプラント代 の見積もりを出してもらったら

60000バーツ(約230000円)だと言われました。

でおじさんの場合これが上あご下あごの2つなので

120000バーツ(約460000円)になるわけです。

ちなみに入れ歯だと上下で20000バーツ(約74000円)だと言う。

よっておじさんはチョッと考えることにして歯科医院をあとにした。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。