ドイプイ チェンマイ
まずは、昨日の答えから、いかさせてもらいますよ、

あれは、雑穀でも、サンゴでもなく、・・・・・・・・・・

ココナッツの花!でした。

まだ白いうち、若いうちなら温野菜として食せるんですよ、

癖も無く食べやすい食物です。

当然のとこながら、ドイプイ村では、ただ食材 なんです。

で、今朝隣の親戚のにーちゃんが段々畑に行ってバナナを採ってきてくれた、

で、もらったバナナの房にこんなものがあった?

   ツォーズォー・ザィッ。      ツォーズォー・ザィッ。

モン(メオ)族語で ツォーズォー・ザィッ、と言う、

たまに見る、双子のバナナ のとこですね、ラッキーな食物とされ、

モン(メオ)族は、切ったり分けたりせず、一人が食べきるようにしている、

んーーー、双子なのでわけることは良くないことにつながると言ってました。

それとこの時期は、これも出てくるんです!

    ボックー・チャン。     手も染まる。

モン(メオ)族語で ボックー・チャン、紫トウモロコシ ですね、

今はほとんどしてるモン族はいなくなりましたが、

これで白髪を染めていたと家内が教えてくれた、

麻や木綿や絹は今でもこの、ボックー・チャン で染色していますよ。

ただ、この難点は、湯がいたら、鍋が紫になる、食べると手が染まる

という現実がある。

お味はというと、決して日本の スイートコーンの紫ばん なんて思っていたら

大間違いですよ、甘みはおじさん事体感じたことはなく、

間食として腹持ちとして食してます・・・・

と、こんなところが今日の おじさんライフ だった。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






スポンサーサイト
今日は、結構、お天道様ががんばって、お顔を見せてくれた時間が長かった、

で、晴れた空に魅かれドイプイ村を歩いていたら、こんなものがあった?

   天日干し。       お茶。

自分たちが飲むお茶ですね、モン(メオ)族はルーツが中国なので

習慣的にお茶を飲みますよ、だからって日本の方が試されても、

ほとんど味らしいものを感じられません、お茶の色は、ウーロン茶色です。

それに今日は土曜日ということで、カワイ子ちゃん(ミニガイド)がいっぱいでした、

でも、暇なのでみんなでこれをして遊んでいた。

   手ソフトボール?      手ソフトボール?

オフェンスは手作りのコットンボールをバレーボールのトスのように自分で上げ

手で打つ、そして打った所に3つ書いてあるサークルを3回まわる。

    アウト?      アウト?

デフェンスは、飛んできたコットンボールをキャッチして、

バッターの近くまで来て、サークルをまわっているバッターに

コットンボールを当てる、というゲームです。

おじさん的にネーミングをつけさせてもらえれば

3対3の 手ソフト・ドッジボール って感じですかね。

以前はこんな遊びは無かったんですけどね、電気がきて、TVを見た

子供たちが、考えたのだと思います。


さて、このパシャりはなんでしょう?

          ????

ヒントは ただ食材 です。

明日には答えを書き込みます。

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。












この前の19日は、お偉いさんのご好意で、ナイトサファリにご招待・・

って書いたんですが、いつもだとせいぜい、集まって150名ぐらいなのに、

今回は400名も集まってしまい、お偉いさんサイドで、

チケットの手配が間に合わなかったようで、4日に分けて行けることになった。

おじさんちは村の入り口なので、昨日の28日第1組目で行って来た。


そのことを書き込もうと、途切れ途切れながら巡回を無事終え、

いざ、yamaojiタイムになったら、久々に聞いた・感じた地響きを伴う雷!

あ”、やばい・近い・と思ったときには、停電 になってしまった。

その停電は、今朝の10時まで続いた、

家内が昨日のうちに、電力会社に電話したが、

落雷、ってことしか返ってこなかったと言っていた。

で、 愛 がいつもどおり朝6時のソンテウ(タイ式乗り合いトラック)に

乗って学校に行ったが、5分もしないうちに、帰ってきた?

聞いてみたら、これだった、

  倒木。      倒木。

スコールと雷による、倒木です。

完全に山道をふさいでいた、少し枝がはらわれているのは、

絶対に市内に行かないといけないお仕事のモン(メオ)族が、

バイク1台やっと通れるようにしていったあとです。

この後、頼りになる息子、モン(メオ)族の男たちによる、倒木の撤去作業が、

行われ、作業中だが、学校に行く子供たちの為、少しトラックの横はらをすりながら

何とか通らせた。

倒木を切り分け、片付け山道に散らかっている木っ端を履き終えた、

倒木につき物が 倒木による 断線 であった。

電力会社も息子たちとほぼ同時進行で、電線の回復作業にあたっていた、

運が良いのか、作業中は、雨、スコール無しでしたよ。



ネ!おじさんのサボりじゃないでしょう。

このごろ、常連さんのチェックが厳しいので前からサボることは

そんなに、あんまり、チョッとだけしかないおじさんキツイ叱咤激励を

くださるんで、ちゃんと理由を説明しないと!

と言うことでした。

ナイトサファリのパシャりはサファリバスの移動時は、フラッシュをたけないので

ほぼ真っ黒なパシャりで、アップには値しません。

でも、ボケボケのパシャり1枚いきます。

          ナイトサファリ。

大好きなゾウさんの前で  はご機嫌だった。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。





おじさんちは、家内が教育委員ということで小学校の募金箱を管理している、

お客さんが少ないので今回、募金箱の鍵を開けたのは4ヶ月ぶりのことであった、

国内外のお客様よりいただいた、あたたかい寄付金である。

もちろん小学校教師に立会いのもと、寄付金の精算が行われた。

 教師。  開錠。  精算。

教師2人とおじさん夫婦で精算したら、10800バーツ もの

心のこもったあたたかい寄付金が集まりました、

この寄付金のほとんどは子供たちの昼食代に使われます。

このほかにお金ではなく、中古のPCですとか文房具etcをワザワザ重いのに

持ってきてくださる日本の方もいらっしゃいます、だいたいおじさんちの常連さんですけど。

こんなときは、ほんとうに常連さんを誇りに思います、

ある方なんか、日本から来るのに、ご自分のものはほとんど持たず、

トランクの中は、子供たちへのプレゼントばっかりの常連さんもいました。

おじさんは、一番近くにいるのに子供たちには何もしてあげられないけれど、

そのかわり、日本のお仲間の方々がいろいろやってくださるので、

助かっています。

こんなことを書き込むと、物貰い、のような印象をお受けされる方がおられるでしょう、

でも、そんなことは無く、モン(メオ)族の子供たちは、外国人の方との

心のふれあいを大切に思っています。

どうぞ、身一つでおやまドイプイ村に来ていただき、

子供たちの普段を見てもらいたいだけなんです。

日本ではたぶん、見れなくなったなにかが、しばらく開けていなかった

あなたの心のドアを・・・・・・・・・・・・・・・

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






自他共に認める?????

世間の人が口をそろえて言ってくれる・・・・

おじさんの 白魚のような指と・・・・・

午後の3時ごろ晴れたので日よけテントを片付けようとロープを巻き上げた次の瞬間、

左の人差し指に激痛が走った、痛~~~~~い!

なぜだろうとその 白魚の指 を見て見ると、何かの針が刺さっていた、

それもグピグピとおじさんの体内に何かを押し流している動きをしていた、

ここまで引っ張らなくてもよかったんですが、迫真の演技をと思いつい、

虚偽、誇大表現をしてしまったことをここで深くお詫びいたします。

どこのどなたがご覧のなっても、おじさんの指は某ドラえもんのような

真ん丸いど太い指です、これぐらいで勘弁してください。

痛さも チクッとしただけでしたが、針とミツバチのお尻の筋肉はついていた、

さすがにこの状態では、パシャル気持ちにはなれなかった

小心者の おじさんだった!

            刺された指?

はい、そこの常連さんがおっしゃっておられるように、刺されたか、

どうだかわからない ど太いおじさんの指でした。

これでいいですか!

結構パンパンに腫れてて第一関節が曲がらないくらいですし、熱は持ってるし、

触ると前より痛くなってるし・・・・・・・・・です。


小学校にはタイの民間放送局チャンネル7が朝早くからきていた。

   CH7の車。     撮影。

モン(メオ)族の子供たちは、撮影用に正月の模様を見せていた、

    鞠投げ。      演奏。

男女の相性を築く 鞠投げ、楽器の演奏、

    けんかゴマ。    けんかゴマ。

大人も子供も血相を変えて熱中する けんかゴマ、

これは、生で見たほうがその異様な盛り上がりを実感できます。

とこんなところを CH7 が撮っていた。



キーボードを押す左指が痛いです。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。
今日は朝からとても良い1日でした。

常連さんの サライさん のだんな様と娘さんが ラオスに行ってて、

もしかしたら、おやまドイプイ村にも行けるかも?

なんてメールをくださいました。

おじさんは ラオス→バンコク、成田だったら日程を組みやすいが、

ラオス→チェンマイは日程的に苦しいと思ったので、

心待ちにはしていたものの、来れない確立のほうが高いかな?

なんて思っていた、ら、なんと!

おじさん居ますか?の声、

サライさんが先に、おじさんのことを話してくださってくれたので、

初対面なのにそれほど、あがらずお話ができたと思っている。

チャオ・ポール(メオ)小学校に行き、子供たちに文房具をプレゼントしてくださった。

        贈呈。

その後、おじさんがあっちこっちと連れまわした。

     ボーガンにトライ!       足踏み脱穀にトライ!

滝側の植物園では、モン族の狩猟道etcに挑戦してもらった。

帰りの時間間際に、モン(メオ)族の子供たちの給食を見学してもらう!

      給食視察。

おじさんもう何回も見てるのに、子供たちの食べられることへの感謝の気持ちを

全員で言うのにはいまだに心に熱いものを感じずにおれない。

最後に店でご本人様のご許可を得ての上で顔出しパシャりをいただいた。家内と!

それととってもうれしいお土産をいただいたおじさんだった。

  お土産。  お土産。  お土産。

最初のは、銀座の和菓子、あとは 愛 への消しゴムアラカルト、これには

愛の喜びようったらなかった、明日学校で自慢するんだろうな!

銀座の和菓子 を家内が最初に食べて、ラクガンとぜんぜんちがう、ですって、

ラクガンはものによってはチョッとクセがあるが、このいただいた和菓子は、

マジに、舌の上にのせただけで、上品な甘さが粉雪のように一瞬でとけていく、

おじさんの実家の近くじゃ絶対ないシロモンでした。

この場を借りて、サライさん、だんな様、お嬢さん、本当にありがとうございました。


店を閉めた後、この和菓子で日本茶をすすっている家内を見て

あんた日本人?っておもわず聞いたおじさん、

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。





 



 
今日は孫が2人とも朝から絶好調だった、なぜだかわからないが?

愛 は新学期になってから3歳から習っていた、タイ古典舞踊の教室に

行かなくなっていた。

付ける気はないが、爺バカの目から見れば結構いい線いっていたと思っていた!

でも反面、土日ズーっとそばにいてくれるのは、うれしい

前にも書いたが、愛 は3歳前からおじさん夫婦とほとんど一緒に寝ていた、

男の子の孫、秀 が出来てからは寝室をチョッとだけ大きくして、

おじさんのPCの後ろ側にベットを置き4人で寝ている。

孫二人は、自分の意思で、息子夫婦の部屋で寝たりと、睡眠ライフを楽しんでいるようだ。

では、その絶好調ぶりの孫2人いきます。

     オニゴッコ。        フラ披露。

と、秀 はとなりの大きいにーちゃんと店の中を縦横無尽に オニゴッコ!

愛 はフラフープのいろんな技を披露していた、村の子供たちは、

入れ替わり、見にきていて、愛 も得意げだった。

と、ごらんのように、日曜日だってーのに全く暇な店だった。


去年も 行ってきた が今年も最終日に行ってきた、

チェンマイ・アートフェステバル2008、に孫2人とおじさん夫婦、嫁の5人で行ってきた、

北タイの 物産展 だと思っていただければ、

   園内周遊。

会場は、2006年に行われた国際花博会場ですよ、入ってもう何回も乗っているが、

このシャトルバスに乗りたいとせがむ孫、2人だった、

      舞踊の披露。

園内では、タイ古典舞踊が披露されていて、愛 の教室の先生がいて

なんか2人で話していた、内容はあえて聞かないおじさん。

踊り子さんと!

この人は 愛 の姉弟子だそうで、おじさんは綺麗な方だったので、

愛 に言ってもらいパシャりをお願いした。

この後は、雨が強くなりそそくさと、おやまドイプイ村に帰ったおじさんたちだった。

で、明日は、どこかのお偉いさんのご好意でドイプイ村村民を 

ナイトサファリ に無料ご招待をされた、

よっておじさんたちは明日の夜も遊びに行くのだった。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。












今日は結構、お天道様がお顔を見せてくれた時間が長かった。

雨も霧雨状態がチョッとだけだったので、おじさん的には

とっても 暑い1日でした。

携帯ストラップ製作の作業をしていても、電動ドリルの削りカス が汗をかいてる

顔に、腕にまとわりつくのであった。

パーツが金属とかプラスチックなんかの削りカスだと、以外にはらうと取れてくれるが

木とかココナッツの殻なんかだと ささくれ立っているので、下手にはらうと、

肌に刺さり、チクチクするのである、これが結構作業していて気になる感触なんですよね、

痛かったりすれば、加減をするが、チクチク は微妙で始末が悪い。

で、気分転換におじさんは、よく店を出る?いつもでしょう!
今日は隣の親戚、家内の母方の姉妹がこの作業をしていた。

   シャーリング。       シャーリング。

これは、モン(メオ)族の女性のスカートのヒラヒラ、シャーリングをつけている作業ですよ。

このおばあちゃんは、当年とって75才、いまだに眼鏡もかけず、

刺繍の作業をこなしています。

子供の頃から、眼鏡をかけていた、おじさんには考えにくい視力の持ち主です。

あとは、この前アレルギーで真っ赤な背中をしていた、ダンちゃん(女の子)が

土曜日と言うことで、村の看板の前に座りモデルなっていた。

    モデル。      モデル。

こんなカワイイ子がこの衣装でいたら、ほとんどの観光客は、パシャります。

で、気持ちのチップを ダンちゃん に渡し、稼ぎになるわけですね、

でも、おじさん的には、稼ぎだとは思いたくなく、

一緒に撮ってくれた、カワイイ代と受け取りたいんです。

実情から言わせていただければ、確かにいくらかの現金収入が出来るので

親たちはうれしいはずです。

お天気が今日みたいなら、明日も ダンちゃん は看板の前に座っているでしょう。

近くで見ると、透き通った白い肌をしてますよ。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。









今日の山の ドイプイ颪 結構キレイなもんでした!

     朝霧。        朝霧。

見ようによっちゃ~、水墨画に見えてくるから不思議です。

以前に、柿林をアップしましたが、もうほんと 食べごろ でした。

  柿。  完熟。  柿林。

で、ロイヤルプロジェクトで試験栽培の柿でしたが、やはり、本音とたてまえがあり、

収穫した  は市内の無農薬野菜市場で売っているそうです。

その売上金の行き先は,どうなるのかはおじさんにはわかりかねます。

で、もう少し奥に行ってみたら、これも試験栽培をしていた。

    ザクロ。       ザクロ。

ザクロ(タイ語では、タッピン)、タッピンとは、ルビーと言う意味もあり、

ザクロを割ったときに最初に目に入ってくる、ルビー色から

この名がついたとされています。

ほんと、今年は 成りもの が豊作なドイプイ村です。

あと、今採れているのは アボガド、パッションフルーツetcなどです。

あー、明日は去年も載せた、紫色のトウモロコシ を載せようと思っています。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。







さっきまで、夕方から 停電 だった。

そんなに強い雨とか風はなかったのに、

ということで、今日は巡回無しで、書き込まさせていただきます。

夕方の5時ごろの店の中、

         停電。

こんなんでしたよ、、さっき9時ごろから電気の供給がはじまった。
             21時ごろ。

店の中の15Wの裸電球に灯かりがともり、今現在通常になりつつある、

おじさんPCのバッテリーが、電気が足りなくてたまに ピーピーと警告音を出している。

今、書けるだけ幸せだと思えるおじさん。

お仲間の ひーさん に見せたいものがありアップします。

    ドリアン餡。        ドリアン餡。

ひーさん の書き込みを息子も見て、チェンマイ市内から買ってきてくれた、

本当は丸いやつなんですが、こういう四角もタイではポピュラーですよ。

大きさは対角線の長さが6cm厚みが2cmぐらいで、1個5バーツでしたよ。

 
このままの天気だといつ停電になってもおかしくないので、

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。