ドイプイ チェンマイ
国際線が来ないので、さぁどうしたものか?

と朝コーヒーを飲みながら家内と話していたら、

孫の 愛 がブァトン(メキシコ向日葵)を見たいと言うので、

即決で行くことになった。

店を出たのは午前10時ドイプイ村に戻ったのが夜の8時、

10時間で走行距離500Km強だった。

もちろん、おじさんが一人で運転したんですよ。

ではそのご機嫌の 愛と秀 いきます。

 ポーズ。  ポーズ。  ポーズ。

チョッと遅かったらしく、ひまわりの数が少なかったように感じた。

   ブァトン。      人出。

観光客はすべてタイ人だけでした。

愛は家に戻ってから明日の絵日記の用意してそのまま寝ちゃいました。

おじさんも疲れたので、

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






スポンサーサイト
もう、常連さんやらお仲間さんやらと知っている方にご迷惑がかかってきて

この騒ぎ、

もう、いい加減にしろ!

どこの世界で、革命に参加して日当がもらえる、話があるものか、

それに、3食付で、

某国でも、自らの血と汗で・・・・

もちろん、手弁当!

黄色組も赤組もすべて、日当あり3食弁当付き、

革命が聞いてあきれる。

こんな大人を素直なタイの子供たちに見せたくない!

けっこうきてるけど、おじさんの叫びなんか、渦中の人の耳なんかには

届くはずも無い・・・・・虚しい。

こんなことが起こっているが、

やっぱり、おやまドイプイ村は、いつで 普通 です。

   シャーリング作業中。      シャーリング作業中。

こんな自分のリズムだけで生きていけます。

        夫婦でバナナ売り。

いいでしょう、自分の畑で採れた、バナナを今、採ってきて

夫婦で売り歩く、夫婦の顔だって、シャイなダンナ、陽気な奥さん。

これが基本で、これが いたって普通 なんです。

よく言われますが、普通が一番むずかしい ととり様で

らしく 出来ればそれが 普通!

それなりでいいとおじさんは思うのだが、

チョッとおかしな書き込みで、チョッときていたおじさんだ。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。






大変です、でもあきれてます!

黄色組 VS 赤組、今日は ミドリ組 まで参戦して

もう、 信号(シグナル)戦争 のようです。

今日なんかチェンマイ飛行場まで巻き込まれて、おやまドイプイ村は

閑古鳥がコーラスを組んで大合唱してましたよ!

今日日本からチェンマイに帰ってくるはずの常連さんも、

メールで 帰国まかりならず

って電報のような メールを送ってきてくれた。

今一度、観光業がこの国、タイランド を支えていることを

よく考えてほしい、黄色にも赤にもミドリにも!


いやな書き込みはこれぐらいにして、

今日はメオ小学校教諭が店で管理している、モン(メオ)族の

子供たちの給食代に当てている、募金箱のお金を精算しにきた。

    精算。      精算。

毎回この二人の教諭がお茶をしながら暖かいお気持ちの入った

募金の精算にあたっている。

今回は、約7500バーツもの募金が集まりました。

教諭に成り代わり、募金してくださった観光客の皆様にあつく御礼申し上げます。


あと、こんなカワイイこれが現れた!

     赤いゾウさん。     赤いゾウさん。

この子は店の隣の食堂の孫です。

ニックネームは ボス でみんなに可愛がられています。

この赤いゾウさん帽子がお気に入りだそうですよ、

カワイイので家内もつられて、ハイ、ポーズ!

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。


困りましたね~~~~~~~~

黄色組と赤組の子供じみた争い、十人十色で合う、合わないはしょうがないのに、

8月から続いていて、けが人、死亡者も出てしまい、

黄色組がもう後戻り出来なくなってしまったように思える、

何回も書いているが、タイの国税のどれぐらいが観光収入から得ているかを

黄色組も知らないはずが無いのに、ズルズルと今の状況まで来てしまった。

一応、観光サービス業の端くれなyamaojiんちでも目に見えて

外国人観光客の 激減 を感じている。

バンコックの飛行場が占拠されている為、

ペルーから帰るソムチャーイ首相は急遽チェンマイ飛行場に来ることになった、

チェンマイ市内でもなんかあったみたいです。

ここで一言!

今、タイで1番安全なのは ドイプイ村だ! 

とハッキリ言える、気がするおじさん。

もう、このことを書きたくないので、これをいかせてください。

    ドイプイ桜。      ドイプイ桜。

まだ山道の4~5本ぐらいに咲いただけですが、

今のタイでは、ホッとさせられるパシャりだと思っています。

開花宣言なんて大それたことは言えませんので、ここは yamaoji語録の

咲いちゃった宣言 を使いたいと思います。

これから、日に日に花が増えていくと思われます、

その都度、タイミングをみて載せていこうと考えています。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。








今日も、チェンマイ市内在住の常連さんがご自分で車を運転して

おやまドイプイ村に日本からお友達ご夫婦を連れて来てくださった。

常連さんが来た時間は、いつもどおり店の中には、

人っ子一人いないありさま、常連さんも 書き込みどおりだね!

妙に納得していた、これってやっぱり寂しいわけです。

小一時間お話やら家内の接客で買い物やらで過ごされ、

村の散策へ行かれた。

玄がいいのか、福の神、なのか、普段は全く連絡もない常連さんなのだが、

この常連さんが店に遊びに来てくださると、なぜか日本人の観光客が

よく来てくれる、今日も今日で今月に入ってたぶん2回目・・・・・

もったいぶった言い方をしましたが ハッキリ今月2回目の団体さんが来てくださいました。

こういう方っているんですよね、運を持ってきてくれる方って、

おじさんは何もお返しが出来ないのに、

ただただお友達をご紹介してくださる方が

家内はよくお礼を言ってね、なんて言っているけど、

そんな気の利いた言葉なんて出てこないので、

いつもどおり心をこめての ありがとうございました

というのが精一杯でした、こんなとき自分の無知加減に結構へこむおじさんでした。


さて、前にも書き込んだことがあるが、タイ人観光客の為に、

モン(メオ)族の子供たちは、ドイプイ村だけしか使えない、

観光ガイドの ライセンス を村から発行してもらっている。

この ミニガイド の資格を確固なものにと村人、小学校教師らが

観光局に陳情していて、それが許可され ミニガイド になる為の

研修機関ももうけられた、

   ミニガイド予備軍行進。   ミニガイド予備軍行進。

右パシャりのほうは行進をしながら黒い袋にゴミを拾ってました。

           小学校教諭。

子供たちの信望が厚い、メオ小学校教諭ですよ、

モン(メオ)族の民族衣装は、自前なんです。


子供たちに仕事をさせる!

これにはいろんなご意見があるだろうと思われます、

これだけは言っておきますが、ミニガイドになるのは、親の強制はありません、

子供たちの自主性によります。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。
















切れます・切れます、って某次郎さんの往年のギャグ?

あ~っ、あれは、

飛びます・飛びます、でした。

まだ、冗談言えるから大丈夫????

ってそうじゃなくて、冗談でも言わなきゃ泣きが入っちゃうの!

お仲間さんたちの巡回も出来なくなってもう・・・・・

中には、yamaoji?誰それ、そんなやついた?知らない!

なんて言われそうですが自分の尻もふけないのに

他はまわれません、どうもすいません!

これも、某林家三平師匠のものですよね、

ここまで書いてて泣きたくなるのは何故ですか?


本当は昨日こんなことがあったので載せたかったのに、

   寄付金集め。       寄付金集め。

これは、昨日の日曜日に行われた、モン(メオ)族の小学生による、

給食代カンパの行進でした、

タイ全土の大不況の為、子供たちへの国からの給食費が滞っている、

その為、日曜日で人出がある昨日、カンパ行進が行われたのだった、

以前にも書いたが120名いる小学生に国から支給される

1日の給食費が700バーツ、1食は約12バーツ不足分は

寄付金等に頼っているのが現実です。

それでも、観光客激減で寄付金が集まらないので、

非常手段としての行進となったわけです。

     行進。

でも、パシャり真ん中ぐらいの男の子の仕草に、

現実逃避できました、やっぱり何事も笑顔で元気がいいかも!

空元気も元気のうちって使えますかね。

それでは、この辺で (やまの おじさん)  でした。










今日もネットが 切れたり切れたり状況 なので、

お仲間さんちへの巡回は見遅らさせていただきます、あしからず。


家内の運転手でチェンライ県の義兄の新築祝いに出かけた

夜のチェンライをチョッとだけご紹介したいと思います。

以前は無かった、夜の歩行者天国 が物珍しさもあって

大盛況だった、その様子をパシャったのでいきます。

  夜のホコ天。  夜のホコ天。  乗り合い馬車。

チェンマイのナイトバザールにもズーっと前はいたが、

夜の馬車観光 もあって昔を思い出したおじさん。

違う土地で、頼りになるのが家内しかないおじさんは、

人混みが嫌いなのに家内の鶴の一声?

チェンライ・ナイトバザールに行くよ!

これでスゴスゴとついていったおじさんだった。

載せられないと怖いので、  

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。







今日も普通にPC環境が芳しくないので巡回は見遅らさせていただきます。

今日は午前9時から午後1時ぐらいまで 停電 でした。

山道を上ってきた、ソンテウの運ちゃんが、オレンジカー(電話局の作業車)が

山道沿いにはっている電話線にかかっていた枝を打っていたよ、

って ただコーヒー をすすりながら話していた。

その作業でPC環境が良くなるんだったら昼間は我慢しようと思った、

が、そんなに変わることはありえなかった・・・・・・・

ので、巡回をパスさせてもらい書き込ませていただいています。

 
今日は金曜日、モン(メオ)小学校の生徒たちはカスタマーデーで

民族衣装での登校日だった。

元気な声が店まで聞こえてきたので、家内の目を気にしながら

そーっと店を抜け出し校庭に向かったおじさん、

そしたら、モン(メオ)族の子供たちがこれをしていた、

 投げ喧嘩ゴマ。 投げ喧嘩ゴマ。 投げ喧嘩ゴマ。 投げ喧嘩ゴマ。

上の3枚のパシャリは コマを投げる方で、

下のパシャりは最初に置かれる 的ゴマ です。

この 的ゴマ に当てぶつけた、ぶつけられたコマが

どれだけ長くまわっているかを競う 喧嘩ゴマ ですよ。

12月のモン(メオ)族の正月に大人も子供も遊びます、

それの練習を今からしていた子供たちだった。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。












昨日の午後2時から雨が降り続け、

今日のお昼まで 完全停電 だった。

今日店にお出でくださった、日本からのお客様とおじさんの会話、

客人・こんにちわ、店暗くないですか?

おじ・はい、今日常茶飯事の 停電 です。

客人・よくあるんですか?

おじ・はい、おやまドイプイ村の停電は、

全天候型の停電です。

客人・アッハッハ~~~~と大きな声で笑った。

書き込みだけじゃなく、接客時でもおじさんは、yamaoji語録 を連発してる!

というわけで、お仲間さんの巡回もしないで、

自分の書き込みをさせていただきます。

昨日の停電をyamaoji語録だとこんな感じになる、

継続的・断続的で立派な 停電らしい停電でした!

これぐらい書きたくなるような 停電 でした。

1週間ぐらい雨が無かった、おやまドイプイ村でしたが

昨日の午後2時から雨が今日の朝方まで降り続いたのである、

今、おやまドイプイ村は一応、冬 ということになっている、

よって、チョッとおしめりがあると、一気に気温が下がる、

すると、こんな人種に出会える????

   サブっ!     サブッ!

赤頭巾ちゃんみたいな子は、親戚の子で店の前の駐車場で

刺繍をしていたんですが、寒くて指がかじかんで出来ない、

ということでこの格好で眠っていた、カメラのシャッター音で

目が覚めたときのパシャりです、

この白いロングダウンジャケットを着てる人は、

他県から来た観光客で、この寒さに喜んでいた。

        13℃

家内が今日は本当に寒いよ!

っておじさんの作業代の近くに置いてある、温度計を見せてくれた、

マジに見てみると 13℃ だった。

家内の背中とお腹では、常連さんからいただいた、

某ホカロンが大活躍していた。

そんな中、おじさんは 半そでで日課の掃き掃除をしていた、

寒いらしいので、長袖でドイプイ村にはお出でください。

停電無く、それなりに繋がったら明日はお仲間さんところへ

巡回行かせてください。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。









今日は、朝8時ごろに20人の日本人団体様がおやまドイプイ村に来てくださった。

おじさんはちょうど店の前の駐車場の掃き掃除を終え、

家内が入れてくれた、温かいコーヒーをすすっていた、

そんなときに、聞き覚えのあるデカイ声で、

「やまおじ、居る?」

外を見てみると、毎年のようにドイプイ村に

お出でくださる常連さんが

ボランテァ仲間を連れ来てくれた。

家内ももう顔見知りですぐに常連さんだとわかり、

挨拶をしていた、

こんなときに、初ドイプイ村の方は、

家内を日本人だと思い

家内に普通の日本人の挨拶をしてくださる、

確かに、おじさんと家内が並んだ場合、

日本人に見えるのは、悔しいが

家内のほうであることは

まぎれもない事実なので、

腹も立たないおじさんが、

ポツン とそこに立っている!

ここで、常連さんが中に入ってくれて、

実はこ~こ~で、

おじさんが日本人なんですよ、見えないけど!

っておちになるんです。

この会話って結構インパクトがあって、

うけるので

日本人がどっかにもっている、

変な先入観が吹き飛ばされ、

安心するそうです。

これって、おじさんの心情的には

良いのか悪いのか

微妙なところなんですよ。

常連さんたちは、メオ小学校を訪問され、

日本で集ってきた

暖かい心のこもった寄付金を校長に

手渡された。

おじさん夫婦はこんなとき、ドイプイ村に

居て良かったなーなんて思っています。

常連さんたちは、モン(メオ)族の子供たちとの

ふれあいと村の散策等で

2時間ぐらい過ごされチェンマイに帰っていかれた。

去年も載せたが、おやまドイプイ村は、

今これが盛りですよ!

   ブァトン。            庵とブァトン。


            メキシコ向日葵。

この花の名をタイ語で ブァトン言うそうです、

和名はメキシコ向日葵かも?

村の大きな滝のある植物園の

山肌を這うように密生して咲いています。

例年ですと12月上旬まで咲いています、

それに11月下旬には

ドイプイ桜も咲く頃です。

どうぞ、都会で疲れた方は、

マイナスイオンいっぱいの新鮮な空気を

体全体に浴びていリフレッシュしにお出でください。

それでは、この辺で (やまの おじさん) でした。

また、どっか変なところを押したらしく、

文字がデカクなったことをお詫びいたします。