ドイプイ チェンマイ
朝からズーっと雨、涼しくていいけれど、店の床が泥だらけになるのが・・・

この床掃除、モップがけは、今や完全に おじさんの仕事、

ってことになっているようだ。

おじさん モップがけは意外に気に入っているので、いやではない

が、今せっかくおじさんなりにピカピカに?拭いた床なのに、

雨の中を歩いてきたタイ人観光客がまったく掃除のあとが

見えるのに、気づくのに、平気でペタペタ(タイ人は男女ともサンダル履きが多い)

と歩いて、泥の足跡を残していく・・・

あ~~~~~と思うものの、一応接客業なので

グッとこらえ、お客さんが帰るのを待ち、またモップがけをはじめる おじさん、




こんなことをしていたら、店の後ろから甘い香りがしてきた、

美味しそうな香りに誘われ行ってみると、

これを作っていた。

       ジャム作り。    ライチジャム作り。

そうです、 ライチジャム を作っていたのでした。

      完成ライチジャム。

完成したのがこれです!

砂糖はほんの少しで、とにかく七輪のなべに付きっ切りで

焦がさないのが決めて、だそうです。

おじさん、はじめて食べましたが、ほどよい酸味があり

美味しいと思いましたよ、

たぶんどこでも売ってないと思われます。

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。





スポンサーサイト
夕方から本降りになってきた、雨が凄い!

隣のナンチャンが用事で店に入ったら、シャッターの下から

雨水が入っていたよ!

って言われたので見に行ったら、それなりに店内一部浸水になっていた、

でも一部だけだったので、明日の朝、元気にモップがけやる、

って家内に言ったら、即答で、

お願いします! ですって。

店にお出でになられたお客さんなら、ほとんど方が、

あれっ?って思うぐらい、店の床は斜めになっている・・・・

浸水した場合、店の隅とかに水がたまって、

板壁、柱が腐るを避ける為、床をワザと斜めにしているんです。

浸水したらそのまま下に流れちゃえ工法 と言います(yamaoji語録)。

わっ!

今のスコール、雨の量は凄かった、

トタン屋根オーケストラがボリュームをMAXでの演奏のようだった。

ピカピカもゴロゴロも大合唱しているので、

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。







昨日の夕方から降り続いた雨は、今日の午前10時過ぎて

やっと、一休みしてくれた、

なので、涼しい、本当に過ごしやすいと感じてた おじさん、

で、おじさんがブログで愚痴や情けないことを書くもんで、

喝” を入れにワザワザ来た、と常連さんが言う!

何かにつけ、様子を見に来てくださるので、

本当にありがたい、

息子夫婦のことも、よく知っている常連さんなので、

どこ行っても、ガンバンな!

って言ってやってくれ、ですって。

飾らない言葉が、かえって心にしみわたる、

小一時間お茶を飲んだりしていてくださり、

じゃ!

この言葉だけで帰っていった、常連さん。


雨は無いものの、いつ泣きだしてもおかしくない

雨雲がかかっている、ドイプイ村、

おじさん なんとなく店の裏山を見てみたら、

これが、意外に・・・・なんです。

     水墨画?     水墨画?

どうです、日本で言う、わび・さび を感じませんか?

おじさんは、なんか日本の深い山ってこうだろうな、なんて思ったりしてます、

たぶん、白と黒、この色合いの濃淡が、

そう感じさせられるのかも。

あと、村人がこれを山から採ってきた、と言ってくれた、

     ズゥークルア。    ズゥークルア。

モン(メオ)族語で、ズゥークルア って言います。

桃、ですね、肌はいわゆる、ピーチスキン ウブゲも少しあります、

食感は、カリカリと噛める感じ、

味は、桃って言われなければわからないぐらいの味?

おじさん、桃の原種?

なんて思ったりもした、だって、

こんなに頭のとんがった桃見たことないもの、

まぁ、おやまドイプイ村で暮らす、いろんなことに出会えて

これまた良し!

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。


PS:家内が 雨が降っていると寒いので長袖を!

って隣で言ってます。





お天道様が、疲れたのか今日は1日、

お顔を見せてくれなかった、

yamaoji語録天気予想だとこうです、

今日のドイプイ村は1日中、曇り空に覆われ、

体格の良い方には、涼しく、

普通な方には、肌寒い1日でした。

なお、夕方から降り続けている雨は、カミナリを同伴してますので、

普通に停電、ネットの不通 は免れないでしょう。

ってこんな感じですかね。

今、ゴロゴロしてますよ、


さて、このごろの常になってきている、

しんちゃんパパんちの茶店で、モーニングコーヒーが

ドイプイ銀座通りを見ながらいただいていたら、

おじさんの背中に、誰かの視線を感じた・・・・ 

当然のように後ろを振り返り見る おじさん

小さいテーブルが3つとカウンター、その奥にはトイレ、

けっして広いわけじゃない 茶店、

モン(メオ)族の村人は、朝からコーヒーを店で飲む習慣は無い

店内には、おじさんとしんちゃんぱパパ2人しかいないのだ 絶対に、

でも、視線をハッキリ感じた おじさん

で、トイレの前に観葉植物が置いてあった、

で、よくよく老眼の目を凝らして見てみれば・・・・

     観葉植物。

これから、何かを感じた、

    コロボックル!    コロボックル!

これ、植物の妖精 or コロボックル

見えません?

おじさんは、やっぱり 居た! と思いました、

そうです、そこのあなたがおっしゃるとおり、植物の茎です。

ですが、朝のおじさんには、これで十分感動できる素材でした。

自然は不思議でオモシロイ。

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。








暇ですね!

って全く他人事のように言ってはいますが、

マジ・深刻な観光客激減事態です。

おじさんちみたいな、吹けば飛んで行っちゃうような店が

いまだ、生き残れているのは、

例えば、

持ち家なので 家賃が無い

従業員らしい人がいないので 人件費が少ない

商品は預かりなので 仕入れ代金がかからない

詳しく言えばもっとあるんでしょうが、おじさんが思いつくのはこれぐらい、

あと、これが暮らせる絶対条件それは、ただ食材が豊富

モン(メオ)族的両親になっている、おじさん夫婦、

その、モン(メオ)族的息子の ワン君はまだ学校がはじまっていない、

学校によって、相当始業式の日がちがうようだ、

で、この ワン君 が朝から店でTVを見たり、

座敷ワンコの 健と店の中でじゃれたりして遊んでいた、

朝ごはんも家内と一緒に食べたりもしてた、

おじさんは、朝ごはんは 温かいコーヒーだけですから、

なんて のほほ~~ん な時間が流れていた。

昼ごはんは、ワン君、ナンチャン、おじさん夫婦の4人で食べた、

食べ終わったら、急にワン君が 見せたいものがある!

ってことで、おじさんは重いお尻をあげたのでした。

で、ついていったら、改めておやまドイプイ村の豊かを思い知らされた、

 アボガド。 梨。 梨とジャックフルーツ。

 ザボン。 イチジク。 柿。

   洋ナシ。    緑ライチ。

と、まだ小さくて載せるにあたらなかったのですが、グアバ もあったんですよ、

中でもビックリしたのは、緑ライチ があったこと!

何回かは村人からもらって、たべたことがあるんですが、

自分の目で見て、摘んだのは、今日がはじめてだった、

そこら中村の中は、散策したつもりでしたが、人んちの周りを

断りもせず歩き回るのは、おじさんの性格上無理だったのですが、

今日は、強い見方の ワン君がいたので、

大きな顔して、ズケズケと人んちの庭やら畑やらを歩きました、

高い木なんかの果物を採ってくれたのは、ワン君でした、

   洋ナシ採りの ワン君。   イチジク採りの ワン君。

と、水を得た魚、木を得た猿、のように全く苦も無く

木に登り、1番食べごろな物を採ってきてくれた。

こんなことをしていて、店に戻ったら午後4時を回っていました。

なんか、お腹も心も充実した昼下がりの散策だった。

ご自分の手で採りたい、と思われた方はご遠慮なく

ご連絡してください。

ちなみに、今日時点で、摘んで即食べれるのは、

緑ライチ、梨、洋ナシ、イチジク、ぐらいですかね。

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。



はんかさん のリクエストにお答えして、

緑ライチ のたわわ編 いきますよ。

        緑ライチ のたわわ!
 
こんなんでどうでしょう。




 













今日もいつもどおりの1日だった、

普通が良い、らいしのが良い、

でもこれが1番難しいのもこの年なんで知っている、

何も無い暮らしの中で、気づかなければ、足を止めなければ、

見過ごしてしまう、小さな幸せはきっとそこら中に、あるにちがいない、

だって、おじさん日課になっている水撒きをしていたら、

ある角度になると、これが見えるのに今日は気づいた、

   虹。    虹。

パシャり中央部分に 虹がかかっているのが見えますか?

いつもは、あるなとは思うものの、パシャる気までは起きなかった、

でも、今日はパシャろうと感じた、

この感じること、が大切かな?

なんて思う・・・・・・一人よがりですけど。


こう見えて、おじさん結構お料理好きなんです、

ただ、いかんせんおやまドイプイ村は、食材と調味料がものすごく少ないんです。

なんで、ある食材をうまくごまかさないと、特に日本料理には

近づきません

これは、お仲間さんの ペガサスさん 直伝 のお料理です。

炊飯器調理法、なんですよ、ご飯を炊くだけの炊飯器と思っていたのに、

ペガサスさん はいろんな料理を見せてくれました。

で、肉好きのおじさんが、強烈に印象が残っていたのが

この 豚肉のスペアリブ、でした、

とにかく、調味料を入れ、骨付き豚肉を入れ、スイッチを入れれば、

OK,それで何もすることは無い、

このこともこの 炊飯器調理法 の大きな魅力です。

あえて、言うならころあいを見て、スイッチを切ればいいんですから、

じゃ、今日のお料理いきます、

      炊飯でスペアリブ。

調理中の 豚肉スペアリブ です。

     豚肉のスペアリブ。

で、40分で出来上がった、骨と肉がホロッと離れるぐらい

やわらかく炊けた 豚肉のスペアリブ です。

手前にあるものは、もっとやわらかくする為のアイテムの一つ、

大根 です、もちろん一緒に全部いただきます。

甘辛く、暑い日のビールの肴にもってこい の一品です。

家内にもうけました、で、飲めないビールにも口つけたりしてました。

注しつ注されつ、なんてなってくれれば・・・

と思ったりした おじさん。

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。






今日は昨日と違い、過ごしやすい1日でした。

常連さんがお知り合いの方を連れてきてくださったり、

と、また新しい出会いが1つ増えました。

で、おじさんがブログで載せてある物、場所に連れて行った、

かれこれチェンマイ入りして2週間ぐらい、暑さと不快指数に

めげていた、お知り合いの方は、ドイプイ村の気候が

とっても気にいった、と言ってくれた。

日向はもちろん、亜熱帯気候なんで、暑いです、マジに!

ですが、標高1200mに位置しているドイプイ村は、

店・家・木陰に入れば、心地よい自然の風が、

来た者そべてを優しくつつんでくれます。



で、おじさんちの孫、秀の友達、名前は しんちゃん、

もちろんニックネームだが、某クレヨンしんちゃんの しんちゃん からつけたそうです、

この しんちゃん を介して一気に友達になった、

しんちゃんのパパ、ドイプイ村でコーヒーショップ(喫茶店)を経営している、

で、このサテンをオープンして以来、おじさん毎朝、ここの

ホットコーヒーをいただくのが常になった、

数年前にライチ畑の作付けを半分にして、コーヒーの苗木を植えた、

で、今年から店で出せるようになった、というこだった、

で、この ドイプイ育ち のパシャり、
    
    コーヒー豆1.    コーヒー豆2.

    コーヒー豆3.    コーヒー豆4.

と見づらいですが、これが 飲めるようになるコーヒー豆になる

大・大・大まかな過程です、

       コーヒー豆!

今はまだ、1軒だけですが、ドイプイ村の活性化のためにも、

それなりになっていってもらいたいと思っています。

コーヒーのお味ですが、全く問題なく 

香りも、色も、濃さも、苦さも、おじさんは合格点では、と思っています。

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。







今日は、ほんと朝から暑い1日だった、

夜に雨が降ってくれるので、ここ何日かは朝、水撒きは、しなかった、

が、今日は店に中にいても暑いので、午前10時には、

水撒き をした、休憩場で刺繍をしていた村人からも、

あーいいね、涼しくなって、助かる、

って言われた、それぐらい暑い日だった。

ミニ噴水で、カメを3匹飼っているおじさん、

このカメ、意外に慣れないんですよ、人がいないと、

水面に顔を出したりしてるのに、誰が近くを通っても、

すぐ水中に潜っちゃう・・・・・

おじさんなんか、君達の水槽を一人で洗ってあげて、

カメ用の2種類の餌もキチンとあげているのに・・・

というのは、小学5年生の時に、縁日で母親に買ってもらった、

イシガメ、名前は、カメ吉、これは呼ぶと、呼んだ人のところに来ていた、

で、手から餌を食べていた、冬眠はバスタオルにくるみ、

母親が箪笥に入れてくれていた。

で、春になると、水槽でスイスイ、だったんですよ、

でも、今度のカメ3匹は・・・

我慢強い?おじさんでもうしばらくまってみます。

で、カメ3匹を見ていたら、こいつが余裕をこいてかまえていた、

   蚊。   蚊。

蚊です、おじさんの前の白いノートの上でおじさんが

書き物をしているのにもかかわらず、微動だにしない、

で、パシャった、死んでるの?

って思ったら、後ろ足をわずかに動かしてくれた、

あと、これがたわわに実っていた、

   ジャックフルーツ。    ジャックフルーツ。

世界最大の果物、ジャックフルーツ ですね、

実が若く小さいときは、タイ料理のスープの具になり、

デカク、熟せば、果物になります。

これはまだ、30cmぐらいなんでスープの具ですね、

おじさん、果物として食べたい って言ったら

もうチョッと 待ってね、ってたしなめられた・・・

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。








昨日書き込んだように、

今日、第一回ドイプイ村・ライチ祭り が行われた、

予定では、朝8時からとなっていたが、

それはそれ、アジアンタイムではじまったのは 午前9時からでした。

お偉いさん・スポンサーさん・村長etcの聞きたくも無い

ありがたいお言葉を、いまや遅し(yamaoji語録、使い)早く終われと、

待っている、村人モン(メオ)族と観光客・・・

おじさんの都合上、お偉いさんetcはまず載せません、

絶対に 可愛いこの子達の踊り が花をそえてくれました、

   民族ダンス。     民族ダンス。

と、いつ見ても、可愛いモン(メオ)族の子供達によるダンスです。

おじさんが、勝手に名前を付けた、

ドイプイ銀座通りは、この日の為に、歩行者天国になりました、

     ホコ天。 ホコ天。

ライチ祭り とはうたっているものの、無農薬野菜etcなどが販売されており、

さながら、ドイプイ村物産展 といったほうが正確だと思いました。

でも、これはこれで良いことだと思いましたよ、

村人全員、ライチ農家じゃありませんからね、

無農薬野菜では、キャベツ・白菜・菜の花・クウシンサイ・カボチャetc

が、ドイプイ銀座通りに並びました、

で、お昼を少し回ったころ、やっと少し人出があったので、

これが行われました。

    早食い競争。     早食い競争。

そうですね、ライチ早食い競争 です、

大人と子供一緒???

場所は同じですが、ちゃんと子供の部・大人の部に分けてあります。

で、お楽しみゲーム、たったこれだけだったんですよ、

このゲームを何回も・・・・・・

おじさん、2回見てあきた・・・あきれた・・・かも。

そんな中、こんな可愛い背負子をして、

ライチいらんかへ~~~

    ライチいらんかへ~    ライチいらんかへ~~

ネ!可愛いでしょう、

で、今年は ライチ価格の大暴落、売りたい、

でも、安い・・・生産者は苦しい、ライチ販促祭り だった。

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。











やっぱ、夜の雨は良いね、日中涼しいもの、爽やかだもの・・・

家内は長袖で仕事、看病の甲斐あって、

チョッと おじさんを見る目が変わった気がしている。


明日23日は、第一回 ライチ祭り が開催されるドイプイ村です。

村人自体は、そんなに 祭りが・・・

なんて興奮・騒いでいる村人はいないんですよねーーー、

それか、祭り って言っているけど、なにをするのかわらない・・・・

こっち方が大半を占めている村人達だろう、

とにかく、おじさんが小耳に挟んだのは、

ライチの早食い競争 が行われ賞品も・・・・だそうです。

祭りの内容は、ハッキリ言って知りません。

こんなところが、モン(メオ)族の ライチ祭り なんでしょう。



さて、ナンちゃんの娘、マイちゃんが夏休み中ギプスをして

軟骨を矯正していたんですが、学校がはじまるので、はずしました。

で、元気に通っています、きょうは金曜日、

カスタマーデーです、普段は白のワイシャツ&スカート登校、

今日は、モン(メオ)族の民族衣装での登校でした。

カワイかったので、ハイ・パシャり!

     マイちゃん。

ね、カワイイでしょう、体に合わないバックがこれまた良い、

で、矯正後の足をパシャった、

       矯正後。

左足には靴底が高くなっている靴を履いていた、

女の子で、元気でなんで、なお可愛そうです。

それでは この辺で (やまの おじさん) でした。