ドイプイ チェンマイ
昨日、ほんのお湿りぐらいの雨が、ドイプイ村にあり、

山の樹木・草花が乾季の雨に、歓喜した・・・・・

って言える、雨量じゃなかったのに、

ネットもそれなりに繋がっていたのに、あっさりと 停電!

で、朝まで回復せず、今朝の10時に通電した、

ありがたいと思う気持ちと、なんであれぐらいの雨で・・・・・・

って声にならない訴えをしてる、おじさんがいました。

それでも、さすがに標高1200m前後に位置する、ドイプイ村

昨日のおかげで、チョッとだけ涼しいと感じられる風が、

午前中村を包んでくれた、ホッとする。


では、珍道中、海編いきます。

        こだわりのバンガロー?

ノックの後ろに見えるのが、おじさんが、こだわったバンガロー???

1ルームで2ベッド、温水シャワー・バスタオル2枚付き、ミニバー小型冷蔵庫の500ml水2本サービスで、

Pm12~Am12までで、1200バーツ!

ポイント的には、抜群道路を渡れば目の前が海、実質徒歩30秒ぐらいである、

で、孫2人・ノック・息子・家内に聞いたら、即OKで、決まり、

いざ部屋チェック、おじさんは、案内してくれた人より先に、

エアコンのリモコンのスイッチを入れた、以外に新しいタイプで、

ファンの音も静かでOK、冷風も問題なし、

この時点で、おじさんには全く問題なしのバンガロー、

家内の注文で、温水シャワーを見た・・・・・・

チェックして正解・・・何度・何処をさわってもでてくるのは、

水だけ・・・家内眉間に皺を寄せて、おじさんに聞こえるように パス!

で、おじさんは、案内してくれた人に、こ~こ~こ~と言い、部屋のチェンジ、

次の部屋は・・・温水シャワーOK,温かいシャワーで家内小さくガッツポーズ、

しかし、エアコンが、風しか出てこない、もう少し待ってください・・・

15分後、次の部屋へ移動・・・

3回目にして、エアコン・温水シャワーともに OKがでた、

もう一部屋借りたが、こっちは最初っから問題なく OKでした。

ここで、大きなお世話のご忠告です。

海外で、ホテルetcを借りる場合、必ず

部屋をチェックしてから、決めましょう!

日本の感覚で、全て一通りのもが揃っているだろう、

なんて思っていたら、痛い目にあうことがあります。

      朝から、絶好調!

まだ、朝の6時30分ぐらいなのに、

もう絶好調の  です!

タイの男の子にしては、肌が白い、

この日で、一気に日焼けしたのでした。

夜になって皆が疲れて眠い頃、そこら中、ヒリヒリして痛いとうったえる、

カラマインローションと、メンソールパウダーを用意していたので、

家内がパタパタと体中に塗って、なんとか治めた、

まだまだ、続く、yamaojiんちの珍道中・海編です。

浜風にあたり、ビールは美味い、yamaojiでした。









スポンサーサイト
孫の為ならと、午前4時には、ワッパをにぎり、

いざ、海にと車は進む・・・・・

最初の休憩まで3時間、一度もエンジンを切る事無く進んだ、

朝7時をまわり、ほとんどの方が仕事モードで、車・バイクに乗っている、

それをまさに他人事として、朝食をとったおじさん家族、

車の中じゃ、寝たきりの孫達が、良い薫りにつられて車からでてくる、

たまたま寄った、食堂が、アヒル料理の店で、北京ダック みたいな色の、

アヒルが、ショーケースの中に吊らされていた、

マジマジ見ると、燻製?薫製のように見えたんで 薫り と書いたんですよ、

で3回の休憩をとって、午後は3時には、予定の ラヨン県に着いた。

チョっと寄り道したりして、車のメーターを見てみると、

1100kmこれをおじさん一人で約11時間で来た、

チェンライ県往復でヘナチョコだったので、息子と運転を変わるかな?

なんて思っていたけど、これが孫の為パワー?か運転できちゃうんですね。

車もこれといって問題も無く、行く前に修理工場から言われていた、

バッテリーがもたなくて、交換これは計算していた出費だったのでOK.

おじさん拘りのバンガローorロッジを探して、海沿いを

ゆっくり流す・・・なんかこの時間がとっても良いと感じた おじさん、

え”何がこだわり・・・・

おじさんの拘りは、どんなところでもOKただし、エアコン付き、

この エアコン付き これが無いと絶対にダメ!

あとは、家内の為に温水シャワー、おじさんは水で全く問題ないが、

ここまで来ても、寒さを・・・で温水シャワーなんです、

この拘りは、全く問題なく、クリアーしちゃいました。

では、夕方のラヨン県の海・磯辺を

       磯遊び!     元気1000%?

と、これぐらいで、ドイプイ村に着いた途端、一気に疲れが出て、

目がショボショボなんです、

疲れを知らない子供のように・・・

だった yamaojiはどこに。














今夜、海に行きます!

夜中の3時ごろにドイプイ村を出るつもりです。

なので、孫二人に家内が、

寝ないとつれてかないよ!

って言い無理やりベッドにいれました、

まだ、モゾモゾ・ゴソゴソとベッドで寝れない苦痛を

言ってる、愛と秀 です。

秀は、飛行機型の浮き輪を膨らませ車に1番に入れました。

なんせ、長旅ですから、おじさん電気をおとし

目をつぶって何とかします、

帰ってくるのは、26~28日頃です。

では、元気に行ってきます。

宵っ張りの yamaojiでした。


地球温暖化は、確実に進んでいます、

それをいまさらに実体験させられている、

ドイプイ村は、標高1200m前後あるのに、暑い・・・・・

去年も、暑いことは暑かった、でもこんなに非情なぐらい

暑い日は、そんな無かったと記憶している、

扇風機が申し訳なさそうだもん、

すいません、一生懸命回っているんですけど、

いかんせん、漂っている空気自体が熱いんで、

思うように涼風をおくれません、って言っていると思う機械想いのおじさん。

なんてこれぐらいの、戯れ言言わなきゃ生きられないぐらい

暑いんです、誰がなんて言ったって、暑いんです!

日本のように、暑さ寒さも彼岸まで、

なんて気の利いた、文句タイ語にばあればね~~

暑さは、水でしずめましょうソンクラン、なんてね。

ってここまでおじさんの、相変わらずの愚痴三昧です、


お題の え”っ・・・・

これは、今日の愛の絶叫でした、

どうしたって、ず~~~っと待ちに待った、海行き、

それが、今日の予定だったんです、荷物も自分のスーツケースにさっさと入れ、

もう、車に乗せるだけだから!

なんて、もう気分は海に行ってました、

はじめて海に連れて行ったのが、愛2歳の時、

小さすぎて、海の大きさがわかりませんでした、

が、砂浜でジージと遊んでいる時に、チョッと波が来て濡れた愛、

口に海水が入ったんでしょうね、

ジージ、海の水しょっぱいよ

この言葉、うれしくて・楽しくていまだにハッキリ覚えています。

愛も海水はしょぱいよ、なんて秀に話していた、

で、遅れた理由は、チェンライ県に住んでいる、家内の義理のお姉さんに

家族で海に行くよ、って家内が電話したら、即答で

私も行く、今仕事が入っているから、明日(22日)の夕方には終えて、

ドイプイ村に行けるから連れてって、

家内は、一応おじさんところに聞きにはきたが、わかっている、

おじさんに言う前にもう、一緒に行こう、って話が付いていることを・・・

家内が、愛と秀にそのことを告げたら、

愛が、え”っ・・・だったのです。

言ってわかる子なのですぐに日が伸びただけと納得してた・・

秀は、今日でも明日でもいつでもいいんですって、

ということで、23日の午前3時過ぎにドイプイ村を出発して、

海に行く予定です。

専属ドライバーな yamaojiでした。




暑い、暑すぎる、店の中でも、35℃になっている・・・・

不快指数が低いから、カラッとは、しているが、

扇風機から流れてくる風は、熱風である、おじさん的には!

床屋さんで異常に暑い温風がでてくるドライヤーが

頭皮にあたり、ビクッとすると、クッと

顎のところ押さえられた、あの我慢の時間を思い出した、

なんで鬚も無いのに顔剃られ、臭いクリームを顔に無理やり塗られ、

首の後ろに天花粉をパフパフされ、仕上げに、背中をパンとたたかれ、

一丁あがり、必ず言ってた、某バーバー小野、を思い出した、おじさん


今日も暇なんで、秀と畑に行ってきた、

んんんなぜ愛が出てこない、息子と復学の為に学校に行ったんです、

今日で2日目、書類がいろいろあるんですって。

    アボガド。   アボガド。

アボガドですね、モン(メオ)族は熟れたら砂糖をかけて食します、

おじさんは無理です、醤油とワサビ、が1番。

    アップン!    梨。

紫になったら食べれる、アップン、中に半透明はゼリーみたいのが入ってます。

    イチジク。    イチジク。

イチジク、ですね、でもタイ人は豚の餌、って言って食べません、

日本じゃ生食いっちゃうのにね。

拡大注意!

     ライチ。  カメムシとライチ。

ライチですね、おじさんがタイの果物の中で1番好きな果物です、

原色の虫は、カメムシですね、村人が何もしないんだから、

バラに付く油虫をテントウムシかカメムシが食べちゃうように

変ですけど良い虫?かも

あと、1ヶ月のすれば、ライチ祭り です、

楽しみがいっぱいの、ドイプイ村です。

指折り待つ yamaojiでした。









朝、まだ暗い午前4時に息子と愛は、

5月からはじまる復学の最終書類を取りに、

プレー県に行った、さっき家内が愛の携帯に電話したら、

今、ランパン県を走っている、と言ってきた、

あと2時間ぐらいで、ドイプイ村に着くだろう。

タイ正月も終わり・・・全く盛り上がらなかったドイプイ村、

お昼前に、秀が、何処で見て・聞いかわからないが、

ワット・ドイサケットに行きたい、と言い出した、

この願いを、断る理由が全く無いので、

家内は、じゃ行きましょう!と明るく答えた、

一緒にいる、ナンちゃんはこのKYに気づき、

ニコニコしながら、行ってらっしゃい!ですって、

ほんといつもよくしてくれる、娘?ナンちゃんです。

で、午後1時過ぎには、ワット・ドイサケットに着いた、

全く参拝者は無く、おじさん夫婦と秀の3人だけ、

お土産売りとお坊さんのほうが多く、妙な気持ちになった、

この寺院は、小高い山頂にあり、何年か前の

しし座流星群の時に、流れ星を見ようと観光客が

ドッと押し寄せて、話題になった、寺院です。

    ワット・ドイサケット。    水掛祭りの供え物。

秀が最初に見つけ、いたく気に入った神仏???

顔・きっと色を入れた方がお子供好きだったんでしょうね、

失礼ですが、笑えた、

 秀のお気に入り? 巨大ドラ。 4連太鼓。

巨大ドラも、4連太鼓もお断りせず、触れたのでガ~~ン&ドン×4でした。

   ゾウさんとお猿さんも合掌?  釈迦の足跡???

金の仏陀の足元に、ゾウさんとお猿さんが合掌???

はじめて見ました、

で、信じるものは救われる、釈迦の足跡 ですって、

ガラス張りで、施錠してあり、直径5cmぐらいの穴があいていて、

そこから、お賽銭を入れるようで、いくらか入ってました。

今日も孫孝行な yamaojiでした。













遠近両用のメガネを失くして、書けません。

昼間に店のDVDデッキとスピーカーの接続を

やり直した時までは、あったのに・・・・

今は、去年のメガネで書いていますがとにかく

このメガネだとあわないせいもあって、異常に目が疲れます、

よって今日の書き込みはこれで!

明日もっとちゃんと探してみます。

目苦労の耐えない yamaojiでした。

書きたくない数字を、昨日書きましたが、さっきのTVニュースで

今日5時現在で事故死亡者数が250名弱とでていました。

・・・・・正月草々お葬式、親族のことを思うと・・・

ドイプイ村でもやっぱ、いました・・・

17歳のパパが、市内で飲んできて、山道から落ちた、

山肌がやわらかいのか、全身の擦り傷ですんでいる、

バイクは、今朝友達数人でなんとか引き上げたようです。

この話は、客足の少ないドイプイ村、村民を

大いに笑わせてくれた、おじさんも家内も

あの子ね、なにかやってくれると思っていたら、

こういう、笑える事故、ないよね、本当に

事故でものほほ~んなドイプイ村・村民なんです。


秀が、滝に行きたい、というので行ってきた、

    お湿りの滝?     お湿りの滝?

入り口には、恐れ多いが、大瀑布と書いています・・・・

でも今のこの滝は、おじさんだったらこうです、

ひかえめに、 お湿りの滝 と言わせてもらいます。

           まだまだ・・・

乾季で水が溜まらない滝つぼで、遊んじゃうモン(メオ)族の子供達、

          んまい!

店への帰り道、お腹がすいたというので、イスラムクレープの

バナナ入りローティとアイスミロを頼んだ秀、

お供をしたおじさん、着ていたシャツが汗でグッショリでした、

店に戻った秀は、もう寝る!ですって

こういうのを 天真爛漫 っていうんでしょうね。

マジに 疲れている yamaojiでした。         







今日は、ダンホアという父母・年長者への1年の挨拶と敬意を込めて

うかがう習慣で弟夫婦んち、ノックんちに行きました。

昨夜は、市内で滴る汗をふくバスタオルさへ汗を含みズッシリを重くなった

そのバスタオルでふきつづけられたおじさんの目は、

目自体・目の周り赤くヒリヒリしたのでした。

で、さっき戻ってきて、TVを見たら・・・・

13~15日の3日間で、警察がはいった事故が、タイ中で

2600件弱、死亡者は220人弱、ということは、

1日866件ぐらい、2分に1件の事故、があったことになる、

1日73人ぐらい、20分弱に尊い命がなくなっています、

主な事故原因は、飲酒運転・無謀な追い越し事故・その他らしいです。

今年から、警察の取り締まりを強化・・・

って新年早々言っていたのに、取締りしている奥のテントの中じゃ、

ウイスキーの瓶が・・・・・あきれます。

伝えたく無い、タイの交通戦争・事情でした。

おじさんは、飲んでワッパを握ることは本当に少ないです、0に近い、

楽しいはずの新年が、棺にもたれかかり号泣している

ご家族のビデオを流されると、人事じゃないと思う、

ショボショボしてる目から、・・・・ 

普通で普通が1番、のyamaojiでした。








短くて、長かったタイ正月の水掛祭・ソンクランがやっと終わった、

千秋楽ということで、家内が孫達にチェンマイ市内の

盛り上がりを見に行こう!と提案、

即決で、孫達はOKで、午後の2時過ぎに、

大信頼している、ナンちゃんに店をお願いして出かけた、

市内、チェンマイ動物園よりで、お仲間さんの

おすみさんが定宿にしているコンドミニアムを過ぎて、

毎年、超激戦区で知られている、某デパート前30mまで着いたころ、

まぁその水合戦のすさまじいこと、日本の方でしたら、

普通の洋服そのままで、プールに入った、それぐらい

濡れると想像してください・・・・・

その水合戦を窓越しに見ていたら、んんんんんんんん?

その30mが全く進まない・・・・

1番盛り上がっているところで、車を止め、トラックの荷台で

水の掛け合い、大型スピーカーからは、今時のダンスミュージックが

ガンガン流されている、それは閉めている窓が

ビビルほどの、大音量である。

おじさんも都内で大渋滞は、慣れている・知っている・・・・・

だが、事故でもないのに、自然渋滞で、30m2時間は無いと思う、

で、挙句の果てに、警察官が前に行くことが出来ない、

ここでUターンしてください、と言ってくる始末、

2時間車のエンジンをつけたり、切ったり、そうでなくても

外は暑い、孫達は我慢をしてくれてたが、その暑さに、

ブーブーとブーイングが、そりゃでるよ、おじさん、

そそくさと警察官の誘導によりUターンをし、

おやまドイプイ村に逃げ帰ってきた、

蒸し風呂を孫と経験した、おじさん夫婦でした。

もう、来年はこの道は避けます。

汗を拭い過ぎて目が痛い yamaojiでした。