ドイプイ チェンマイ
今日は、常連さんが、市内からバイクでお出でくださった、

流石に 寒いね! ですって、

チャレンジャーな白人の若者が、ほぼ上半身裸に近い格好で

ドイプイ村にバイクで来て、着くなり近くの店で長袖シャツを

買い、着込むのでした。

なんでランニングシャツが多いんでしょうね、白人さんて、

確かに、市内はモーレツに暑いかもしれない、

でもよく白人さんたちが持っているとってもぶ厚いタイの観光ガイドブックに

ドイプイ村は、標高が高いので、寒く・・・って書いてるのにね。



今日は、久々に語呂を表記しました!

その語呂のパシャりいきます。

         語呂、表記。

トイレの脇の手洗いです、

          語呂。

このゾウさんの鼻から出てくる水量がチョッと多すぎて、

蛇口を勢いよくまわしちゃうと、手も洗えますが、洋服も洗えるぐらい、

バシャーっとでてきちゃうんです、

見ていると、日本人のお客さんの方が、蛇口を目いっぱい回す方が多いようです、

で、あ”っ  っと叫び声が店に筒抜けです。

と言うことなので、おじさんちの トイレの花子さん、じゃなく、

トイレのゾウさんには、要注意です。

ビチョ×2 yamaojiでした。



スポンサーサイト
息子は、Tシャツ作りのインクが切れそうなので、

市内に買い物に行った、

何もそんな朝早くから行かなくても、

って言ったら、愛と一緒だと、ただで市内まで行けるそうです、

で、愛と一緒に朝5時45分の始発で終点のソンテーウに乗っていった。

で、今日の朝~お昼頃のお天気はこうでした、

        霧の村。

こんな、霧がまいてるおやまドイプイ村でした、

店の前で商売をしている、モン(メオ)族のおばさんたちが、

やっぱり暇なんで、店に遊びに来るんですね、

その度に、パパ寒くないの?

って聞く、で、その度に、うん全然大丈夫!

って答える、おじさん、

意外に疲れるのである、どうせ暇つぶしに来るんなら、

全員まとめて遊びに来て、全部1回ですむから、

とは、思っていても絶対に言えません。

今日は、語呂合わせで、肉の日 ですって、

それを知ってかどうか、今晩のおかずは、家内が奮発して?

スペアリブでした、スペアリブなんて言うとカッコいいが、

隣組で分けた、豚のあばら骨の部位がきたので、それにしたそうです、

結構何したか、わからないけど肉が柔らかくて美味しかったですよ、

塩味で、ビールにとっても合いました。

愛も両手であばら骨を持ちガッツリいってましたから、

美味しかったんでしょう、タレも良いけど、塩とレモン・ドイプイ村じゃ

酢橘?かな。

残った骨は、ワンコたちがガシャ×2と齧ってました。

常人は寒いかも?  yamaojiでした。







今日のおやまドイプイ村は・・・・・・・

お天道様の機嫌が悪く、午前中1回もお顔を見せてくれなかった、

よって気温が上がらず、家内は、寒い×2と言い続けていました、

この時期、寒がりには、お天道様が頼りなんで・・・

おじさんが気を使って、いただいた某ホカロン入れた?

家内、もうお腹と背中と靴にも入れてる、ですって!

おじさん的には、清々しく過ごせました。

で、暇だったので、ちょっとだけ?に行ってきました、

       メキシコ向日葵。

おやまドイプイ村にもある、ブァトン・メキシコ向日葵です、

      ケシ。    ケシ。

ドイプイ村名物の ケシの花 ですね、まだ少ししか咲いてません。

       ポインセチア。

やっぱり、この時期、はずせない、クリスマスの花、

ポインセチア ですね、面白いですよ、以前アップしましたが、

おやまドイプイ村では、常夏の花 のイメージ100%のハイビスカスと

真っ白い雪の銀世界のクリスマスの花、ポインセチアが一緒に咲いているんです。

おじさんは、元気をもらえる、ブーゲンビリアの花・・育ち方が好きです。

なんか、急に エコ してます。

      竹のゴミ箱。

村にいっぱいある竹で作ったゴミ箱です、思いつきは良いと感じてますが、

この竹製のゴミ箱を誰が管理するんでしょう、

誰も見てなきゃ、子供達は絶対に遊んじゃう=壊れる、

これを繰り返すのでしょうか?

エコは良い、 yamaojiでした。














今朝、市内から登ってきたソンテーウの運ちゃんが、

毎度のように、自分ちのように、勝手しったる・・・・・・

で、コーヒーをいれ勝手に椅子に座って飲んでいた、

この運ちゃんの性格なんだろうが、憎めないんですよね、

家内も何も言わず、朝の仕事をこなしている、

おじさんが、からかって、今日はコーヒー代取るよ!

って言うと、明日払うから、ってこいつも只者じゃない・・・

こんなたわいの無い時間が、流れていくのが意外に好きな、おじさん

この運ちゃんとの付き合いもほんと長くなって、

もう2回も離婚してる、今は新しい彼女の助手席に乗せ仕事をしてる、

仕事はするみたい、女運が悪いのか自分が悪いのかは・・・・

家内によく説教をされていて、ブツブツ言いながら

おとなしく聞いているので、みていてカワイイと思うおじさん

みんな、息子みたいに思えちゃうんですよね、

気軽に来てくれると。

     商品。   商品。

これが、息子の商品です!

絵は、チェンライの路上画家さんの作品で、使用許可を得ています。

今日も5枚、その中の1枚は、合成写真プリントのオーダーがありました、

なんとか、続けてそれなりになってもらえれば、

と家内と二人、バックアップしようと思っています。

後押し  yamaojiでした。
今日から、はじまった息子の商売、

合成写真をTシャツにプリント・・・・

モン(メオ)族のカメラマンが4人のタイ人観光客を連れて来てくれた、

で、早速息子が合成写真を預かり、Tシャツのサイズをあわせ、

プリントの位置をお客さんと決め、いざプリント、

1回写真をスキャンして息子のPCに取り込み、

転写シートに、ここまで約6分ぐらい、

お話までいれて、約所要時間が10分弱でした、

これぐらいだと、待つのが大嫌いなタイ人でもなんとかなる時間、

4人様ともニコ×・ヘラ×2と楽しいお顔で、

帰って行きました、まずは出だしはこんなもんだろうと思う。

そんなに儲かる商売では無いので、

地道に と   ということを息子に話しました。

息子も、大きく頷いて、自分の性に合っている、と言っていた、

とにかく、無理せず頑張ってもらいたい。


なんとなく、息子の仕事を気にしていたら、

もう、お昼を過ぎ、午後の1時過ぎになっていた、

店の向こうの食堂に行き、いつものラーメンをすする、

15分もしないうちに店に戻ったおじさん、

で、ストラップを作っていたら、家内が呼ぶ、

行ってみると、日本人の青年一人、

こんにちは、ケシを見に来ました、ここに住んでいるんですか?

おじさん、聞かれたことに答ええる、チョッと村の話とかした、

おじさんからは、いつものことですが、何も聞かない、

言われれば受け止めます。

そんな時間が10分ぐらい過ぎた頃、この青年のケータイ電話の呼び出し音、

そしたら、この青年何も言わず、モーションも無く、

店の前の休憩場の椅子にどっかと腰掛、タイ語で女性と通話・・・

おじさん、この状態がどういうことなのか理解できず、

店の中で棒立ち・・・

家内が、もうさっきの彼行っちゃったよ!

これって、どういうことでしょう?

おじさんが礼儀のことを言うのは、全く持っておこがましいのだが、

今時の青年はこうなのだろうか、人に尋ね事をしときながら、

電話がなったら、すいませんの言葉・所作も無く

出て行くもんなんでしょうか?

青年をチョッとでも待っていた自分が情けなく悲しかった・・・

このことをどう思われますか?

おじさんは、もう日本のことを知らないかもしれない、

こういうことが普通に行われているのかも知れない・・

でも、おじさんは、こういうことは嫌いだし、絶対に出来ないことです。

これが、自己中 ってやつですか?

チョッと心が痛くなってきました。

これが普通なら・・・・・・

ドイプイ村が良い yamaojiでした。











兵度もが夢のあと・・・・・

ほんと、いつもの暇なおやまドイプイ村に戻っちゃいました・・・

で、あ~だ・こ~だと、試行錯誤・・・

作業に慣れ・・・相当練習はした、息子、

いよいよ、プリントTシャツの販売、

朝起きたら、息子が、白いシャツだして、って言ってきたので、

はいよ”ってだした、

そしたら、こんなことをしていた、

     作業1      作業2

Tシャツ、プリント作業ですよ!

     出来上がり!    出来上がり!

で、出来上がったのが、この yamaojiTシャツ でした、

息子が、店で売り出す前に、第一号は、おじさんのTシャツを作ってから、

って思っていたんですって、

すなおに、うれしいね!

で、そのまま、この息子が作ってくれた、

プリントTシャツを今日1日着ていた、おじさんだった、

とにかく、これが彼の仕事、村のカメラマンと上手に付き合い、

合成写真が出来上がったら、それをTシャツにプリント!

何とか良い具合にいってほしいと思う。

贔屓目で良い出来です yamaojiでした。






チョッと疲れているかも・・・・

家内は、相当きてる、晩ご飯もそこそこに、

自分のベッドに倒れこむように寝入る、

一応、おじさんが大丈夫かと様子見に、

ロイクラトーンの期間中、例年より全く暇だったにも

かかわらず、おじさん夫婦の疲労ははなはだしい・・・

バタンキューってこういうことなんだと再確認できた、

確実に年を感じているんです。

そのくせ、朝は起きれるんですよね!

早寝早起き・これ実践できそうです。

中身の全く無い、書き込みにお付き合いいただいた

お方へのせめてものお詫びとして

今日のこれをプレゼントさせていただきます。

    夕焼け!    夕焼け!

ドイプイ村の夕焼けです、全く加工していません、

実際は、もっと柔らかい、空気も柔らかく感じるほどの色だった。

センチ? yamaojiでした。





ロイクラトーン・灯篭流し最終日!

今、タイ時間夜9時20分ぐらいです、

チェンマイ市内方面を見るとまだ花火の音や光が、

ドイプイ村の山に届いてます、悲しそうに・・・・

どうして、祭りの終わりって寂しいんだろう????

子供の頃から、そう感じてた、と思う

今日は、前々から約束していた、常連さんの為に

餅搗き、をしました・してもらいました、

       勇姿!    勇姿!

正月用の赤米・古代米を搗いてもらいました、

       バナナでラップ。  バナナでラップ。

女性には、バナナの葉っぱで搗いた餅をラップしてもらいました、

1つは、黄な粉餅に、1つは、モン(メオ)族の味・・・・・

日本の味で言ったら、甘辛い・そう、ミタラシ に近いです。

       報酬。

餅搗き作業をしていただいたお客様に、

当然の報酬として、搗きたて・焼きたての赤餅米を

食していただきました。

以外に好評だったのでは?

なんて自己満足した、おじさん

人って・・・yamaojiでした。

   





ロイクラトーン祭りで、市内の方が

ネット回線を使いまくっている為、

全く、繋がらない ダイヤルアップのおじさんちです!

なもんで、はしょって・書きなぐっていきます、


皆さんは、正夢 を体験したことはありますか?

おじさんは、今日がそうでした、

もう、忘れたんですが、たぶん今月に入ってからだと思います、

以前、毎年のようにお出でくださっていた常連さん、

それこそ、完全オフロード・電気も無い時代にお出でくださっていた

お客様の夢を見ました、

夢はこうです、もちろん今も昔も、おじさんの口から、

お仕事は?日本のお住まいは?・・・・

こういったプライベートなことは一切聞かないのがおじさん流、

お話いただければ、きちんと聞き・以外に記憶に残こせます、

で、この常連さんは、湘南ボーイ、波乗り、

それも、ロングボード をやられる方です、

おじさんより少し年上の方で、たぶんおじさんは、よく通った湘南の海岸で、

ロングボードを乗りこなしているこの常連さんを見ていると思っています、

で、夢は、上記と同じで、おじさんが、湘南の砂浜で

ロングボードに乗っておる常連さんを見ている、こういった夢でした、

で、何の前触れも無く、

よ”っ来たよ!

ってこの常連さんが、8年ぶりに目の前に立っているんです、

ほんと、時間的には、ほんの数秒なんでしょうが、

おじさんの極×2小さい脳は、現状を把握できないでいました、

で、どうした!って常連さんに、声をかけられ、我にもどったおじさんです。

これを、正夢 って言うんでしょうね、って思った。

デジャブー yamaojiでした。
今日から、タイ全土で、灯篭祭り・ロイクラトーンがはじまりました。

日本とチョッと意味合いが違ってて、タイでは、

自分の業をクラトーン・花にのせて、川に流します、

日本のように、先祖供養・・・こういった類では無いようです。

この夜は、チェンマイ市内は、観光客でごった返してて、

もう何十年も前に行ったっきり懲りて行ってなかったのですが、

家内の弟から、晩ご飯を食べに降りてきて、って家内が誘われました、

で、みんなで行ってきました、

弟の家は、チェンマイ郊外なので、車の渋滞も無く、

いつもどおりに行けましたよ、

で、やりました!

コムファイ! 打ち上げ瞬間。 弟と息子。

これぐらいの コムファイ で20バーツでしたよ、

夜空浮遊。 夜空浮遊。 空中爆竹。

今年は、意外にボケずにパシャレた気がします、

花火。 花火。 花火。

今年は、孫二人も揃っての、ロイクラトーン!

流し足りない己の業の深さを思い知らされます。

無力なり yamaojiでした。