FC2ブログ
ドイプイ チェンマイ
日本は、梅雨明けしたら、大変なことになっているようですね、

熱中症、で亡くなられた方も・・・なんてネットで知りました、

で、亜熱帯気候のタイランドで、熱中症で死亡・・

ほとんど聞いた事がありません!

まして、車の中に幼児を置いての・・・

ほぼ 0% です。

こんなに暑い国なのに、それは暑さとは何たるかを知っているからです、

たとえば、家内の兄、チェンマイ市内で大工を生業にしている、

市内だったら、朝6時には仕事場に向かう、

で、大きな飲料水の入れものに氷をいれ、

仕事の合間に、よく水分補給をしている、

昼食の時間は、15分ぐらいで食事を済ませ、約45分ぐらい

日陰で睡眠をとる、こうして体力を温存させているんです。

日本のように、どこでも水が手に入る、この考えだと

飲みたいときに水が無ければ、我慢しちゃいますね、

タイランドでは、飲料水の確保ありき、の行動になります。

yamaojiが、在日の時は、日射病、と言う病名はよく聞きましたが、

今の日本じゃ、ほとんどが、熱中症 なんですね!

今日も暇なんで午後の2時に、家内がマッサージに行きたい、

と言うので、市内に下りました。

知り合いの紹介で、メージョウ地区というところに

そのマッサージ屋さんがありました。

痛いところ、症状を話し、いよいよマッサージ、

見ていると、マッサージオイルを塗り、小さい包丁みたいなもので、

擦る・摩る・こんなことをしていました、

で、擦られた患部は、肌に血が滲んできます、

んんんんん、だから結構痛んだと思います。

カメラは持っていかなかったんですが、包丁のような器具を

見せてもらったら、包丁の刃に当たる箇所は、

水牛の角、でこさえた特注品だそうです、

これで、患部を切る用に、あるいはオイルをなめすように、

使っていた。

血が滲むマッサージ法、おやまドイプイ村でも、同じような

マッサージ法がなされています、

患部に、なんだかわからない、おじさんの知らない薬?くりーむ?

を塗り、銀で擦る・そうすると見る見る擦られた患部から

血が滲みます、モン(メオ)族の人たちは、そうすると

患部の症状が治まると言ってます、

これまた、見ていて非常に痛そうなマッサージですよ、

まだまだ、知られていないマッサージ法が、きっとあるにちがいありません、

機会があったら、紹介したいと考えています。

運転手の yamaojiでした。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
血がにじむ?
ちょっと怖そうですよ…血がにじむの?
奥様は痛くないのかな。痛みより治る感じが心地よいのかな。
タイ古来のマッサージなんでしょうかね。
2010/07/23(金) 17:00:36 | URL | 夏の大空 #-[ 編集]
療法
何だか古来の療法みたいですね。現代的にマッサージと読んでるんでしょうね。おじさんもアルコール対症に効くようにしてもらったら。
2010/07/23(金) 18:08:37 | URL | はんか #-[ 編集]
夏の大空さん 最初は痛い!らしいのですが・・・そっちが痛くて肝心な痛みを忘れちゃう、かもね!
タイ式・・・飲み薬の漢方薬もでるんですよ????
良く聞いてきますね。

はんかさん さっぱりわかりません。
どうして、水牛の角を使うのかも?
本人、ケジメのある呑兵だと思っています・・・
2010/07/23(金) 19:25:32 | URL | yamaoji #-[ 編集]
けっこういますねよ!
私の、知り合いにも熱中症で死にかけた人いますよ。
暑い中、ゴルフをやっていて、お昼にビールを飲んだりして・・・
そのあと、一月ぐらい入院してました。
カリウムとかナトリウムが不足したのが原因のようです。
梅干しを食べると暑気を受けないと昔の人は言いましたが、本当ですね。
2010/07/23(金) 20:39:32 | URL | 袋田の住職 #snrLbVnQ[ 編集]
袋田の住職さん ネットで書かれていて、タイ人の友人に聞いたところ、熱中症という単語自体知らないと言われました。
梅干・・・チェンマイに Mr梅先生と言う方が、梅を植樹して、生活の足しにという趣旨のボランテアをなさっておられる方がいますよ。
実際、その梅を購入して梅干・梅酒を作っているロングステーヤーもいます。
2010/07/24(土) 01:13:04 | URL | yamaoji #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamaoji.blog33.fc2.com/tb.php/1398-b7f5b245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック