FC2ブログ
ドイプイ チェンマイ
娘、マオのために、毎夜ドイプイ村に、通っているyamaoji夫婦です、

モン族(メオ)の葬儀は、写真禁止なのでパシャれませんが、

1日中、シャーマン(祈禱師)が祈祷し太鼓をたたき・・・・

日本だったら、笙の笛とでも言うんでしょうか、その2つの楽器で

たぶん、故人をおくる準備をしています、

yamaoji夫婦は、なにをしてるかっていうと、

娘 マオに寄り添い、背中をさすったり・肩をたたいたり抱いたり、

まだまだ、実母の死を受け入れることはできていません・・・・

家内には、娘になってからそうなんですが、特にドイプイ村に

着くと、べったりな マオ です・・・・

で、昨日ロッジのお客さんにお食事をお出しして、その足でドイプイへ・・・

夕方、4時のニュースで、ドイステップで突風が・・・

ってのが流れ、ここを通ったのが6時すぎ、山道にある、

数本の大木が、突風によりなぎ倒されていました、

山道に沿ってはってある電線が・・・断線、

でなくても、日常茶飯事の 停電のメッカ であるドイプイ村、

マジに、真っ暗なドイプイ村に到着して、懐中電灯を点け、

マオのところへ、蝋燭の心細い灯りのなかで、その雰囲気に

今にも泣きそうな マオ が、家内がすぐ抱きしめ、

家内の胸の中で声を殺して泣く、マオ・・・

yamaoji的には、この環境の中、別にはじめてのことじゃないのですが、

暗闇に鈍く響く、太鼓が不気味さを感じてました・・・

午前12時過ぎに、マオが疲れたのか、家内がいて安心したのか、

眠くなったということで、家内が寝せて、1時過ぎに、ドイプイ村から帰ってきました・・・

明日、午前中に、埋葬される マオの実母・・・

しっかりした子だから大丈夫! という家内・・・

大学生の門出に、不幸・・・・・可哀想です

yamaojiは、なにかあったらいつでもお出で!

こんなことしか言えなかった・・・

男親ってこんなもんなんでしょうか・・・・・

未熟な男親・・・yamaojiでした。












スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

マオちゃんのお母さん、41歳で旅立つなんて・・・
心が締め付けられます。
毎日山に帰るのは大変ですね
マオちゃんの心の支えはこれからyamaojiご夫妻だけでしょうね。
マオちゃんの為にも健康に気をつけて下さい。
2015/07/10(金) 20:19:58 | URL | jijibaba #-[ 編集]
jijibabaさん ほんと早すぎるお迎えです・・・
明日は、6時に出て、埋葬のお手伝いです。
2015/07/11(土) 01:49:54 | URL | yamaoji #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamaoji.blog33.fc2.com/tb.php/2308-cad9f043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック